ハイエンドに迫るパフォーマンスを持ったオーディオプレーヤー
ハイエンドに迫るパフォーマンスを持ったオーディオプレーヤー
PC関連やオーディオの総合代理店アユート(東京)は、新ブランドACTIVO(アクティヴォ)の取り扱いを開始。ポータブルオーディオプレーヤー「CT10」を発売した。価格はオープンで、同社直販サイトでは…

 PC関連やオーディオの総合代理店アユート(東京)は、新ブランドACTIVO(アクティヴォ)の取り扱いを開始。ポータブルオーディオプレーヤー「CT10」を発売した。価格はオープンで、同社直販サイトでは3万9,800円(税別)。昨年末の発表で登場が待たれていたが、この間、さまざまなフィーチャーが追加され50万円前後の超高級モデルにも迫るフィーチャーとなっている。

 システムの核となるCPUに最新のクワドコアタイプを投入。さらに、デジタルプレーヤーの高級ブランドAstell&Kernが開発したアンプやクロック、アンプなどの主要回路を統合した一体型モジュールを積み、高音質のキープと小型化を実現している。

 ハイレゾ音源はDSD11.2MHzまでの最上位スペックの再生(PCM変換)に対応。Bluetooth機能は搭載するだけでなくaptX HDコーデックに対応しており、ハイレゾ相当の伝送と再生ができるのも最新モデルならではだ。

 Wi-Fiネットワークにより、家の中のPCやNASにある音源をワイヤレスで受けて本機でストリーミング再生したり、ダウンロードしてデータを取り込める。

 DAC内蔵ヘッドホンアンプとはデジタル接続(USB)が可能で、 DSD対応のポータブルヘッドホンアンプを通じて、マニアライクなハイレゾ再生であるDSDのネイティブ再生も楽しむことができる。さらにPCと接続し、CT10をUSB DACとした再生もできるなど、さまざまな活用法に対応している。

 内蔵メモリーは16GBだが、microSDカードを使えば合計416GBまで拡張できるので大容量のハイレゾ音源も安心して楽しめる。また、コンパクトなデータでハイレゾが聴けるMQ音源の再生もできる。手のひらへの収まりがよいラウンドエッジデザインで、サイズは幅65.2×高さ93.2×厚さ15.5mm、重さ112g。

(更新日:2018年5月16日)

Series シリーズ

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME