イチローが考える大谷翔平の超才能。速球や長打力より大事な能力とは?
イチローが考える大谷翔平の超才能。速球や長打力より大事な能力とは?
“祭り”はやってきた。 5月4日、セーフコフィールド。イチローと大谷の夢対決は消滅したものの、ふたりが公の場で初めて顔を合わせる。 一塁側のダグアウトからイチローがフィールドへ出てきたのは午後4時15分。


大谷とひとしきり言葉を交わしたイチローは、カノとゴードンの方を向いて満面の笑み。 (photograph by Kyodo News)

“祭り”はやってきた。

 5月4日、セーフコフィールド。イチローと大谷の夢対決は消滅したものの、ふたりが公の場で初めて顔を合わせる。

 一塁側のダグアウトからイチローがフィールドへ出てきたのは午後4時15分。そのとき、大谷翔平は左翼付近で水原一平通訳とキャッチボールをしていた。

 イチローの姿を見つけた大谷がトボトボと走り出す。一方のイチローはカノとゴードンと仲睦まじく話していた。大谷には背を向けながら。

「振り向いちゃ、ダメだ」

 カノなのか、ゴードンなのか、どちらかが言ったという。

 イチローにも大谷が近づいていることはわかっていた。

「ディー(ゴードン)のサングラスに(大谷の姿が)映っていたんでね、うん」

 近づいた大谷が挨拶をしようとした瞬間、イチローが逃げ出した。大谷も負けじと追いかけた。

 日本人選手ふたりの応酬にカノとゴードンは大笑い。5メートルほど“鬼ごっこ”は続いたであろうか。振り向いたイチローと大谷が、がっちりと握手を交わし、ふたりは再会を喜び合った。

イチローの前で躍動した大谷翔平。

 44歳が“いじめっ子キャラ”の本性を見せたのに対し、“待ってくださいよぉ~”とばかりに追いかけた23歳も“甘えん坊キャラ”の一面を十分にのぞかせた。

 21歳の年齢差だから生まれた光景とも感じたが、ふたりの距離感が近いからこそ生まれた“祭り”の幕開けに、誰もが笑顔となった。

 その日、5番・DHで出場した大谷は2安打、1打点の活躍。

 イチローの前で躍動した。

100マイル投球や長打力よりも大事な能力とは?

 イチローはベンチ裏でのテレビ観戦ながらも、興奮気味にこう話した。

「雰囲気ありますよ、やっぱり。あー、なんかあるなぁと言うのは、野球をやっている人間なら、感じるでしょうね」

 更には2ストライクを取られてからの2安打には『打者として』最大級の賛辞を贈り、褒めた。

「対応力でしょうね。(先発の)リークの球に全然あっていないように見えて、最後の甘いところを仕留めるわけですから。

 春から開幕してからも、そうじゃないですか。あの何日間で何かが(あった)。そんな余裕があるとは思えないですからね、あんな(不振の)状況で。それをスッと出来る能力と言うのは、なかなか人は持っていないですから。それは大きな才能ですよ。

 100マイル(約161キロ)投げるとか、誰よりも飛ばすことよりも、実は大事な能力、そういう風に見えますけどね」

大谷は「野球教室に来た小学生」に自らを例えた。

 この言葉を伝え聞いた大谷も素直に喜んだ。

「凄く光栄なことですし、僕について話してくれるだけで、僕はそれだけで満足なので、嬉しいなと思っています」

 大谷は更にイチローへの特別な思いを続けた。

「野球教室に来た小学生が、凄く張り切って、良いところを見せようって言う、そう言う気持ちでした」
「(セーフコフィールドは)ずっとテレビでの場所だったので、同じ左のバッターボックスに立てた。凄く楽しんでプレー出来ました」

 そして、6日。

“祭り”はフィナーレを迎えた。

「対戦したいですよ、それは」

『投手大谷』が7回途中6安打、2失点、6奪三振で勝ち投手。

 大谷も自身の投球には一定の満足感を示した。

「制球もアメリカに来てから一番思った通りに投げられた」

 一方のイチローはテレビ観戦に終わった悔しさをジョークで紛らわした。

「全部テレビですからね。ブラジルで見ているのと同じですから」

 2日前、『打者大谷』の持つ才能にはテレビ観戦でも称えることが出来たのに、『投手大谷』には気の利いた言葉は出てこなった。

「対戦したいですよ、それは。それはそうでしょう。したいよ。そりゃ」

 イチローが語気を強めたのに対し、大谷は唇を噛んだ。

「今回、もしかしたら出来るかもしれないと思っていたので、僕自身も(対戦を)やる中でたくさん勉強になることもあると思いますし、そこはもう……過ぎたことなので……」

 夢対決。ふたりがどれほどにこのときを待ち望んでいたことであろうか。

 そして、“祭りのあと”。

 来季への期待は残るものの、喪失感だけが漂った。

text by 笹田幸嗣
「イチ流に触れて」

(更新日:2018年9月14日)

Ranking/人気の記事(スポーツ)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME