top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「羊名人」とサイゼリヤ「やみつきスパイス」が似ているという噂は本当か?

80C[ハオチー]

2014年秋、家で羊肉を美味しく食べるために誕生した、魅惑のピリ辛クミン塩「羊名人(ようメ~じん)」。80C編集部による100袋の手売りから始まったこの商品も、今では連日のように調理例がTwitterのタイムラインで見られるようになりました。嬉しい限りであります。ありがとうございます。

さて、そんな「羊名人」が、今までにない形で注目を集めたのが2019年冬のこと。「サイゼリヤ」に登場した新メニュー「アロスティチーニ」こと羊肉の串焼きについている「粉」が、「羊名人」に似ているというつぶやきがTwitterに放たれたのです。

そしてのちに、この「粉」は「やみつきスパイス」という名前で販売されることに。そこで気になるのは、本当に「羊名人」は「やみつきスパイス」と似ているのか?ということです。さっそく買って試してみました。

「羊名人」は重なり合うスパイスの香り。「やみつきスパイス」はハーブガーリックソルト

まず、違いを確認するには成分を見るのが一番。ということで原材料を見てみると、配合はかなり違いました。

羊名人

唐辛子(中国・韓国)、ごま、砂糖、岩塩、クミン、花山椒、五香粉、ガーリック、こしょう、ジンジャー やみつきスパイス

食塩(国内製造)、ガーリック、ハーブミックス、パプリカ、クミン、調味料(アミノ酸)

食品の原材料表示は、多く含まれているものから羅列する決まりがあります。そのルールで見ると「羊名人」で最も多く配合されている順に、唐辛子、ごま(粒のまま)、砂糖。袋を開けて立ち上るのは、唐辛子と五香粉などが混ざり合ったエキゾチックな香り。塩は岩塩ですので、粒子が大き目です。

左が中華・高橋の「羊名人」。右がサイゼリヤの「やみつきスパイス」。

広告の後にも続きます

一方「やみつきスパイス」は、食塩、ガーリック、ハーブミックスの順番です。こちらの袋を開けて立ち上るのは、クミンとガーリックとハーブの香り。配合としては後ろの方に並んでいるクミンですが、その存在感は十分。全体的に軽やかで細かめのハーブガーリックソルトという印象です。

また、同じ羊肉につけて食べるものでもコンセプトは異なります。「羊名人」は、家で羊肉をおいしく手軽に食べるために作られたもの。イメージは中国の焼烤調料こと串焼きの調味料で、基本的には先につけて焼くためのものですが、後からかけてもよく、どっさり使って上等!というバランスに仕上げています。

一方、「サイゼリヤ」の「やみつきスパイス」は、レストランで焼いたアロスティチーニ(店では羊肉の串焼き)に風味を添えるためのハーブガーリックソルト。塩が効いており、基本的には後付けの調味料となります。

ラム肉と野菜の炒めを「羊名人」と「やみつきスパイス」で作り比べてみた

では、同じ食材を「羊名人」と「やみつきスパイス」でそれぞれ同じように調理すると、味や香りはどう異なるのでしょうか。ラムもも肉と、ほぼ同量の野菜(玉ねぎ、ピーマン、エリンギ)で炒めものを作ってみました。

羊肉の品揃えがよいスーパー「サミット」でラムもも肉を購入。
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル