top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

2021年の恵方は「南南東」節分だけじゃない運気UPアクション

時遊zine

陰陽道(おんようどう)では、その年の福徳を司る神・歳徳神(としとくじん)が毎年場所を変えながら存在していると考えられ、この神のいる方角を「恵方」と呼んでいます。

2021年の恵方は、南南東。恵方は「たたり神」が巡ってこない方角=吉方とも言われており、その方角に向かって事を行えば “万事に吉” と言われています。


恵方を向き願い事をしながら太巻きを食べる、恵方巻

恵方といえば、一番に思いつくのが「恵方巻」ではないでしょうか。恵方巻(えほうまき)は、節分に恵方に向かって食べると縁起がいいと言われている、太巻き寿司のこと。

「縁を断ち切らない」ようにするため、カットせず1本丸かじりするのが習わしとなっています。…無言で1本丸ごとは、なかなかハードですね(笑)

お酢などをはじめとした大手食品メーカー「ミツカン」のすし情報発信サイト「すしラボ」によると、その起源は大阪の花街と言われているそう(所説あり)。昭和のころに大阪で一般化されていたとみられるその習慣は宣伝などで盛り上がりを見せる。

広告の後にも続きます

さらに1989年(平成元年)には大手コンビニが広島県店舗で “恵方巻き” と称して節分の巻きずしを商品化。年を追うごとにその販売エリアを拡げ全国的に知られるところとなったようです。

ちなみに節分は2月3日というイメージがありますが、2021年は「2月2日」となっていますのでご注意を。

大人の節分、恵方呑み

近年、栃木では「大人の節分」として、恵方巻ならぬ「恵方呑み」が行われているのだそう。


節分は日本酒で恵方呑み

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル