top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

堤真一インタビュー~小泉今日子、高橋克実と江戸川乱歩テイストな世界に挑む三人芝居『お蘭、登場』

SPICE


堤真一が、シス・カンパニーの人気シリーズ“日本文学シアター”の舞台に初めて立つことになった。シリーズ第5弾『お蘭、登場』の脚本を手がけるのは、このシリーズの過去4作品と同様に北村想。堤とは『寿歌』(2012年)以来の顔合わせとなる。美しくもダークで、そして時には猥雑でもある江戸川乱歩のさまざまな小説をモチーフにしつつ、北村脚本ならではの会話の妙もたっぷりと盛り込まれた痛快作が誕生しそうだ。

神出鬼没の謎の女“お蘭”が起こす奇妙な事件に巻き込まれる、名探偵・小五郎と目黒警部。大胆不敵な七変化を披露する“お蘭”には小泉今日子が扮し、堤演じる探偵と、高橋克実演じる警部を、軽やかに艶やかに翻弄していく。

ドラマ『スーパーサラリーマン左江内氏』(2017年)などの映像作品やそれぞれ個別では舞台でも共演経験がある、堤、小泉、高橋だが、舞台で、それも三人芝居での共演となれば今回が初めてのこと。濃密な空間で繰り広げられる大人のミステリーに、期待は高まる。

いかにも乱歩テイストな作品らしく“小五郎”という名を持つ探偵に扮する堤に、今作への想いを語ってもらった。


広告の後にも続きます

――江戸川乱歩作品をモチーフにした、今回の台本を読まれた感想はいかがでしたか。

全体を包んでいるのは江戸川乱歩の世界観なんですが、会話はとても軽快で、想さん独特の不思議な世界でした。といってもテーマはきっちりしていて、でもそれが前に出過ぎてはいない。3人の登場人物の関係性のバランスも、絶妙です。最後には「あれ? 今のどういうこと??」という終わり方になるので、演じる側にとってもご覧いただく皆さんにとっても、すごく楽しい作品になると思います。

――ミステリー仕立てとはいえ、やはりちょっと笑える部分もあったりするんでしょうか。

ま、克実さんが舞台に出ているだけで笑えるんで(笑)。今回は特に、真面目にやればやるほど、克実さんらしさが出てくるような役なので、かなり面白いことになりそうですよ​。

――役柄としては堤さんが探偵で。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル