top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

知らないと危ない!雷の怖さと備えるポイント

防災ニッポン

気象災害の1つに雷による被害(雷害)があります。落雷による災害は年間1,000件以上あり、落雷で命を落とすケースもあります。雷は日本のどこでも発生する現象で、「ここなら雷が落ちない」という場所はありません。雷による被災を防ぐために、雷の特徴を理解し、気象情報を活用して備えましょう。

雷の特徴と災害リスクについて

雷は、雲と雲との間や雲と地面との間に起こる放電現象です。このうち雲と地面との間に起こる雷を「落雷」と呼んでいます。雷害は主に落雷によってもたらされます。

まず雷の特徴と災害リスクを紹介します。

雷の種類とメカニズム

雷は発達した積乱雲によってもたらされます。

積乱雲が発生するメカニズムはさまざまです。雷の種類は、積乱雲が発生するケースに応じて以下の4つに分類されます。

広告の後にも続きます

 

・熱雷

強い日差しによって地面が暖められ上昇気流によって発生した積乱雲による雷です。局地的に発生し、移動距離は短く持続時間は30~60分ほどです。熱雷のほとんどは夏の入道雲によって生じます。

 

・界雷

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル