top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

韓国人ユーチューバー、離席中に陰口・セクハラ発言され全て生配信される

韓流大好き


韓国人BJ(YouTubeやアフリカTVの配信者)カム・ドンランに対し、飲食店店員がセクハラ発言、及び陰口を言ったとして、同店の社長が21日、公式ブログで自筆の謝罪文を掲載した。

「胸は作り物」

(c)YouTube画面キャプチャー

この配信中、カム・ドンランがトイレに行くため席を外している間に飲食店店員らの陰口が始まり、配信にはっきりと入ってしまった。その配信は800名以上が視聴中であったが、そうとは知らずに店員は彼女の外見、服装に対し「下着履いてた?」、「あんな服よく着れるわ」、「ティーバックを履いてるのかしら」、「そんな綺麗でもないのに」、「胸も作りものよ」、「食べ物見せるんじゃなくて自分の胸見せてるの?」などの発言をしていた。

その後、この事実を知ったカム・ドンランは該当店員に直接「こういう服を着ないで食べにもよく来ていた。なぜあんなふうに言われなくてはいけないのか。空いている時間に来て食べたのに、なぜ悪く言われなくてはいけないのか」と怒りをあらわにし、店員は「申し訳ない。こういう服装をあまり見ないので驚いた」と当惑する姿で謝罪した。

やらせを疑う視聴者も

店員に抗議し、謝罪を受けるカム・ドンラン(c)YouTube画面キャプチャー

するとその後、一部視聴者からは「やらせではないか」、「カム・ドンランの衣装マナーがそもそもなっていない」などの指摘もあり、これにカム・ドンランは「お金を稼ぐ側がわざわざ売り上げを下げるようなあんなことを仕組むと思うか」と反発し、自身の衣装についても「私が着ていたのはワンピースだ。どう見たら下着に見えるか分からない」と反論している。

最終的にカム・ドンランは21日、自身のアフリカTVを通して「告訴を行おうとしている、サポートしてくれる人」という内容の告知分を掲載し、悪質コメントへの対応を示唆した。彼女は、本人と関連する深刻な悪質コメントと関連した情報提供を依頼し、弁護士の元へ行くとしている。

飲食店社長が謝罪


21日、該当飲食店の社長が謝罪文を掲載。

社長は「今回の件に対する話を聞き、戸惑いと焦りでどうしたらよいのか分からず、恥を承知で謝罪の文を掲載する」とし「何日か前の朝、ユーチューバーさんが来られて、トイレに行っている間、ホール職員と厨房職員の間の不快な陰口がそのまま配信されてしまったことについて、ユーチューバーの方にぬぐいきれない侮辱と心の傷を与えてしまったことに、心からお詫びする」と謝罪した。

「また、その配信を見ていたフォロワーの皆さんにも怒りと深い失望を与えてしまい、重ねてお詫び申し上げる」と視聴者、ファンに向けても謝罪した社長は「あわせて、この事実を聞いて怒りを覚えた多くのお客様にもお詫び申し上げる」と謝罪の言葉を綴った。

「これらは全て徹底した教育、管理ができなかった私の不徳の致すところ」、「今日の叱責、お叱りを甘んじて受け、美味しい料理と礼儀のある丁寧な言行を持って各自の職務に忠実になる」とした。

どんな服装であれそれは個人の自由。店員の発言が不適切であることは言うまでもないが、ただ、彼女の今回の服装が誤解を招くだけの服装であったということも、否めないだろう。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル