top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

ずっと着ていたいの。18歳の老猫、お気に入りのセーターを脱がせると延々と鳴(泣)き続ける

カラパイア

お気に入りのセーターを脱がせると鳴き続ける老猫
image credit:the_daily_bood/Instagram

 今月、飼い主がSNSに投稿した飼い猫についての物語が多くの人の心を震わせている。その猫は18歳のおじいちゃんで、寒くなってくると大好きなセーターをいつも着て過ごすそうだ。
 
 愛用度が高いために、胸のあたりがほころびかけているが、猫にとっては長年愛着しているお気に入りのもの。万が一、誰かがセーターを脱がせようものなら、延々と鳴(泣)き続けるという。

18歳の老猫スティーヴのこと


 去年2月、ユーザー名ロジートロールさんがimgurに投稿した飼い猫スティーヴの写真は、多くのユーザーの心をほっこりさせ、今月改めてシェアされた写真や動画は予想以上に拡散した。

My Old Man
 
 アメリカのニュージャージー州に住むロジートロールさんは、18年間ずっと一緒に過ごしてきた愛猫スティーヴについて、このように語っている。

スティーヴは、私のことをとても大好きでいてくれて、いつもひっつきたがります。私が視線から外れることがたまらなく辛いようで、特にシャワー中は私を大声で呼び続けます。

3_e
image credit:rosytroll/imgur

また、スマホと私の間に割り込んで、とにかく気を引きたがることが大好きです。年老いてきて、糖尿病や腎臓の病気など、いろいろ健康問題も出てきているので、私がスティーヴと過ごす時間は残り少ないだろうと自覚していますが、今も昔も変わらず私にとってスティーヴは最高のペットです。

5_e
image credit:rosytroll/imgur

 スティーヴと強い絆を築いているロジートロールさんは、愛猫についてこのように話している。

スティーヴは、生後8週目の時に我が家にやってきました。当時、私は12歳で、家族はアリゾナ州フェニックスに住んでいました。

家族の友人一家の飼い猫が子猫を産んだということで、両親は私の妹を連れて子猫に会いに行きました。もともと、猫は妹のものになる予定だったのです。

スティーヴを引き取ってしばらくは、他の猫にも慣れさせたほうがいいと、飼っている老猫と一緒の部屋に入れておいたのですが、いつも鳴き声をあげていました。

だから私がそっと部屋に入って、スティーヴを慰めているうちに、スティーヴは妹より私によくなつくようになりました。

もともと、私とスティーヴとの間に、縁があったのかもしれません。

その後、家族は犬も飼い、妹は「猫より犬のほうが好き」と大喜びし、幸いにも激しい失望からはすぐに立ち直ってくれて、数年後の私の誕生日に「お姉ちゃんにスティーヴをあげる」と“正式”に譲り受けたんです。

以来18年間、私とスティーヴはいつも一緒にいます。


スチィーブとお気に入りのセーター


 愛情深いスティーヴは、ロジートロールさんが大好きで、いつも何かと喋りかけて寄り添ってくるという。

 過去に、数日離れてしまったことがあったが、スティーヴはロジートロールlさんに会えないショックで、餌も口にしなかったそうだ。

 しかし一方で、一緒にいる時は遠慮なく自分の要求を主張しようとし、少しでも不満があるとロジートロールさんに向かって叫ぶスティーヴ。どうやら、お気に入りのセーターについても、同様の態度を取るようだ。

今月投稿されたimgurでは、ロジートロールさんは年老いたスティーヴがお気に入りのセーターを着ている写真をシェア。

This is Steve. He’s 18 and cries if I take his sweater off.

 スティーヴにとって、寒い時期が近付くとセーターは欠かせない“ぬくぬくアイテム”のようだ。セーターに包まれている感じがよいのか、愛着のあるそのセーターを脱がせようとすると、延々と鳴き(泣き)続けるという。

1_e0
image credit:rosytroll/imgur

2019年2月にフェニックスからニュージャージー州に私が引っ越したのですが、関節炎も患っているスティーヴが機内で冷えてはいけないと思い、セーターを着せたんです。

最初着せられたときは慣れずに嫌がっていましたが、セーターの暖かさを心地よく感じたのでしょう。飛行機が着地する頃にはすっかり馴染んでいました。

それ以来、セーターが大好きになって、暖かい季節以外はいつも着ています。胸のあたりがほころびてしまっているのですが、脱がされたりすると爪を立てたり噛みついたりはしなくても、大声で鳴(泣)いて、不平を言います。

着せるとまた静かになって眠り始めるんです。スティーヴにとって、暖房がついているベッドでセーターを着て電気毛布で眠っている時が至福の時間のようです。

 imgurでシェアした写真が予想以上に大きな反響を呼んで、喜びを口にするロジートロールさんは、見知らぬユーザーらがスティーヴのために新しいセーターを編みたいと申し出てくれたことも明かした。

 また、スティーヴのイラストを描いてくれた人もいたという。

View this post on Instagram

A post shared by mini watercolour wonders (@miniwatercolourwonders)


スティーヴが、多くのユーザーの心をほっこりさせてくれたようで、とても嬉しい。(ロジートロールさん)

 なお、現在ロジートロールさんは新たにスティーヴのインスタグラムアカウント『the_daily_bood』を開設しており、そこでも日々のスティーヴを閲覧できる。

written by Scarlet / edited by parumo

TOPICS

ランキング(動画)

ジャンル