top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

松井一郎市長も困惑!? 保健所がコロナ陽性患者に「葬儀広告」送付で大炎上

アサ芸Biz

 「どうしてあなたは、大阪市保健福祉センターから送っているコロナ陽性者の人の案内書類の裏に、葬儀のご案内の広告を入れているのですか?こういう嫌がらせして、人としての品性を疑います」

 現在話題になっているこのツイートは、コロナに感染したというあるユーザーが、松井一郎大阪市長に向けて1月22日に投稿したものだ。投稿主によれば、コロナ感染発覚後、保健所からの「人にうつす可能性があるので医療機関に関わらず、家にある市販薬を使ってください」(ツイッターより引用)という案内のもと、自宅隔離を行っていたという。その際に大阪保健福祉センターから受け取った封筒の裏に掲載されていたのが、市立斎場の広告だったというのだ。

 広告スペースといえど、闘病中のコロナ患者のもとに「葬儀情報」を掲載した封筒で書類を送付する無神経さに、投稿主は一連のツイートの中で「病気になってるときに、葬儀のご案内を送られたら、誰だって傷つく」と強い怒りをあらわにしている。

 実際にアップされた広告画像を見ると「はじめての終活セット」「お葬式のイメージが具体的になります」といった文言や、なぜか電話番号の一部に「コロナ」のゴロ合わせとも思われる数列が並んでいた。

 ネット上では《公募して載せてる広告欄だろうけど配慮が足りてない》《怒りを通り越して呆れました》《コロナ患者に葬儀の案内って…大阪人なら絶対ツッコむやろ》《無神経すぎてドン引きだわ》《病気で苦しんでるときに葬儀の案内って、最低。シャレにならん》《不謹慎すぎるお役所仕事に松井市長も困惑しているはず》とのコメントが寄せられ、大炎上を招くこととなった。

広告の後にも続きます

 1月20日、松井市長はMBSの情報番組「ミント!」に生出演した際に、高齢者施設でのクラスター対策として、施設の職員に対し2週間に1回の無料のPCR検査を2月から実施することを改めて発表した。高齢者施設に入居する家族を持つ視聴者などからは《凄くありがたい!色々と対策してくれて評価できる》《松井市長自ら「100点満点のクラスター対策ではない」とおっしゃってたけれど、こうやって地道に対処するしかない。まさに先手先手の対策》と、コロナ対策への姿勢を高く評価する声も多い。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル