top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

西田あい、初作詞の新曲アートワーク&初オンエア解禁「この1年のみんなのモヤモヤを癒やせる曲になれば」

全日本歌謡情報センター

西田あいが初作詞に挑戦した、3月3日にリリースする新曲「幸せ日記」のアートワークが解禁された。また、2017年からパーソナリティを務めているラジオ番組、bayfm「iからはじまるストーリー」の2月1日朝の放送で音源を初解禁することも発表された。

「幸せ日記」は同じ事務所でデビュー同期に当たる純烈のリーダー・酒井一圭から「次のステップとして書くべき!」と背中を押されたことがきっかけで10周年にして初めて作詞に取り組んだ作品で、作曲も務めたSoulJaの共作している。また、ケツメイシのプロデューサーを務めるYANAGIMANがアレンジを担当する異色の歌謡曲。YouTuberとしての活動も続ける中で取り組んでいるASMR(聴覚や視覚への刺激で感じる心地よさ)の要素も取り入れている。

西田は「日々思ったことをメモしていたノートがあったので、ウソっぽい曲はやりたくないと思い、この1年のみんなのモヤモヤを癒やせる曲になれば」と、感情の奥深くまで潜っていきながら作詞をしたと言う。一歩踏み出す人の背中を押してくれるメッセージ性の強い歌詞に、最近また注目を浴びているシティポップの雰囲気もあり、琴線に触れる温もりのあるメロディは、進化した歌謡曲とも言える。

3月のCDリリースに先がけて2月10日に先行配信される。

広告の後にも続きます


西田あい ニューシングル『幸せ日記』

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(音楽)

ジャンル