top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

コメディなヤクザものに岡田准一がばっちりハマる!「ザ・ファブル」(2019)

エンタメウィーク(映画)

コメディなヤクザものに岡田准一がばっちりハマる!「ザ・ファブル」(2019)

解説

2017年度講談社漫画賞を受賞した南勝久原作の人気コミックを岡田准一主演で実写映画化。超人的な戦闘能力を持つ伝説の殺し屋ファブルは、育ての親であるボスから、1年間殺し屋を休業して普通の人間として生活するよう命じられる。もし誰かを殺したらボスによって処分されてしまうという厳しい条件の中、「佐藤アキラ」という偽名と、相棒ヨウコと兄妹という設定を与えられ、大阪で暮らしはじめたファブルは、生まれて初めての日常生活に悪戦苦闘。そんな中、偶然知り合った女性ミサキがある事件に巻き込まれたことから、ファブルは再び裏社会に乗り込んでいく。相棒ヨウコを木村文乃、ボスを佐藤浩市が演じるほか、山本美月、福士蒼汰、柳楽優弥、向井理ら豪華キャストが集結。カンヌをはじめ数々の広告祭で受賞歴を持つCM界の巨匠・江口カンが監督を務め、「20世紀少年」「GANTZ」の渡辺雄介が脚本を手がける。
(提供元:映画.com)

「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る

恋愛もの大好きOLさん ★★★★☆

『週刊ヤングマガジン』にて連載されていた南勝久による原作を実写化したもの。漫画自体は現在第一部が完結していて、第二部の準備中なのだとか。監督は人気ゲーム『龍がごとく』のオリジナルドラマの監督を手がけた江口カン。

『ファブル』もヤクザもの映画ではあるので、その辺のジャンルの毛色の理解度はしっかりしていました。とはいえ、この作品の最大の魅力はヤクザものなのにがっつりコメディなこと。最強の殺し屋ファブルが、少し殺りすぎてしまったことで暫く人を殺さずに大人しく過ごすことに。もう、このやりすぎたからっていう時点で面白いです。そして、隠居先で出会った絵に描いたような心優しい女の子を闇から守るために奮闘する。王道のアンチヒーローもので、観ていて安心します。

岡田准一の、めちゃくちゃかっこいいのに突然謎のお笑いにツボって奇声を発しながら笑うシーンがツボ。癖が強すぎて、終始シュールな彼の様子が面白いのですが、アクションシーンは打って変わってすごい迫力!岡田准一はもちろん、福士蒼汰と向井理がめちゃくちゃイケメン。福士蒼汰の銭湯狂な雰囲気、めちゃくちゃ良くて普段の彼の演じる役柄とは少し違うから、最初誰かわからなかったほど。2021年に続篇も公開される、エンタメアクション作品です。


「ザ・ファブル」を見るなら
Amazonプライムビデオ
「ドコモのギガプラン」ご契約なら、「Amazonプライム」が1年ついてくる!
Amazonプライム・ビデオで今すぐ観る
Amazon、Amazon.co.jp、およびそれらのロゴはAmazon.com, Inc. またはその関連会社の商標です。

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル