top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

ROSARIO+CROSS[インタビュー]新SG「Birthday」&6周年単独公演への強い想い「この世で1番嫌いな言葉が“現状維持”」

Pop'n'Roll

ROSARIO+CROSSが、1月20日(水)に通算11枚目となるシングル「Birthday」を発売する。2021年11月23日(月・祝)に6周年単独公演をしずぎんホールユーフォニアで行なうことを早々に発表し、そこへ向けた活動の最初のアクションとなるのが今回のシングル。本記事では、メンバーが本作に込めた想いについて語ったインタビューをお届けする。

【画像はこちら】

取材・文:長澤智典

シングル「Birthday」

表題曲「Birthday」は、チャーミングなメンバーたちが揃ったROSARIO+CROSSらしい、5人の可愛らしさと天真爛漫な性格が投影されたポップチューン。“今日から新たな君のスタートよ”と歌う「Birthday」には、ある想いが込められている。

広告の後にも続きます

Mimu:
“Birthday”と聞いたら、誰かの誕生日を1番に思い浮かべると思うんですけど。この曲の“Birthday”は、“毎日が、1日1日が違っていく特別な日”という意味になっています。1人ひとりそれぞれ違う1日があるし、同じ日は2度と戻ってこないので、毎日毎日を大切に過ごしてほしいという想いをこの歌には込めていますし、とても可愛い楽曲にもなっています。2020年は思うように活動できない時期もありました。それでも、シングルの「EASY EASY」を発売し、ニューシングル「Birthday」の発売のお知らせも昨年中に伝えることができた。また昨年末には5周年の単独公演をホールで、しかも3年連続で開催することができたという幸せを感じています。アイドル活動をしていく中、私たちは一般の子とはちょっと違う日々を過ごしていて、特別な日々だなぁと思えているので、その気持ちを歌に投影しています。

Mimu

TOPICS

ジャンル