top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

南沢奈央・平埜生成・入手杏奈らが挑むエンダ・ウォルシュの戯曲 白井晃演出の舞台『アーリントン』が開幕

SPICE

1月16日(土) 、KAAT 神奈川芸術劇場にて、舞台『アーリントン』が開幕した。あわせて、舞台写真と演出・白井晃コメントが到着した。

舞台『アーリントン』は、2018年春に上演された『バリーターク』に次ぐ、エンダ・ウォルシュによる戯曲。KAAT神奈川芸術劇場芸術監督の白井晃が演出を手掛け、本公演で日本初演を迎える。アイルランド生まれの劇作家・脚本家エンダ・ウォルシュは近年、映画『ONCE ダブリンの街角で』舞台版でのトニー賞ミュージカル脚本賞受賞や、デヴィッド・ボウイの遺作のミュージカル『LAZARUS』の脚本執筆などでもさらにその名を広めた。2018年3月には、イギリスの作家マックス・ポーターのデビュー作 『Grief is the Thing with Feathers』の脚本と演出をてがけた同名の舞台を、コンプリシテの制作により、アイルランドのダブリンで初演。翌2019年3月にはイギリスのバービカン・センター、同年4月から5月にはニューヨークのセント・アンズ・ウェアハウスで再演。また、オペラの脚本・演出家としても活躍している。


舞台『アーリントン』 撮影=岡千里




舞台『アーリントン』 撮影=岡千里



TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル