top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

緊急事態宣言で練習時間の影響は必至。90分で11メニューをこなす都立小山台から学べること

高校野球ドットコム

 全国各地で緊急事態宣言の再発令が行われた。全国一律の休校はないが、部活動の時間は影響は必至。この期間、練習は短縮になることが予想される。これからの高校野球は、短時間の中でいかにして効率性の高い練習をしていくことが必然となりそうだ。

 その中で先取りして効率性の高い練習をしているチームが都立小山台だ。

 2014年春は伊藤 優輔(巨人)を擁して、21世紀枠としてセンバツ甲子園に出場。2018年、2019年には東東京大会準優勝。昨秋は帝京相手に10対0の6回コールド勝ち。都立の中では最も実力のある学校として知られている。

 そんな都立小山台は進学校ということもあって、最終下校は17時で、練習時間は90分。いかにして質の高い練習をしているのか。

11メニューの内訳

ゲージ打撃の様子

 都立小山台は品川区に所在する都立高で東急電鉄目黒線・武蔵小山駅から徒歩1分もかからない場所にある。

広告の後にも続きます

 選手たちは普段、60×90mの校庭で、他部活などと分けて使いながら使用する。そしてグラウンドでは平日で週3日だけ。

 都立小山台の練習スケジュールは以下の形となっている。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル