犬派vs猫派! 飼い主の性格は・・・
犬派vs猫派! 飼い主の性格は・・・
話題にのぼると、どちらが多いか気になる犬派と猫派。クロス・マーケティング(東京)が実施した「犬と猫に関するアンケート」によると、犬派が46.9%、猫派が33.6%、どちらでもないが19.5%だった。…

 話題にのぼると、どちらが多いか気になる犬派と猫派。クロス・マーケティング(東京)が実施した「犬と猫に関するアンケート」によると、犬派が46.9%、猫派が33.6%、どちらでもないが19.5%だった。

 全国47都道府県の20~69歳の男女1,000人から回答を得た調査。犬派が最多数となったが、男性は年代が上がるごとに犬派が増加し、男女で比べると男性よりも女性の方が猫派が多かった。自分がどんな性格と思うかを聞くと、人見知り、団体行動が苦手、インドア、感受性が豊か、の項目を選んだ人では、犬派よりも猫派の方が10ポイント以上高くなった。単独行動でマイペースな印象の猫は、飼い主と似ているのかも?

 犬と猫それぞれのイメージは、犬は人懐こい、忠誠的、賢い・・・となり、猫は気まぐれ、自由、わがまま・・・となった。犬派と猫派別でみると、それぞれのイメージの相違は大きいようだ。特に、猫の甘えん坊、キレイ好き、人懐こいというイメージは、猫派の人はそう思っているが犬派の人はあまりそう思っていないという違いがあった。飼ってみないと分からないことも多いようだ。

(更新日:2018年5月2日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(ペット)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME