top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

【あの頃のロマンポルノ】第3回:問題作批評:神代辰巳監督の「四畳半襖の裏張り」

キネマ旬報WEB

今年2021年に、日活ロマンポルノは生誕50年の節目の年をむかえます。それを記念して、ロマンポルノの魅力を様々な角度から掘り下げる定期連載記事を、キネマ旬報WEBとロマンポルノ公式サイトにて同時配信いたします。「キネマ旬報」に過去掲載された、よりすぐりの記事を「キネマ旬報WEB」にて連載していく特別企画「あの頃のロマンポルノ」。

今回は、ロマンポルノ作品として1973年第47回「キネマ旬報ベスト・テン」の日本映画第6位に選ばれた「四畳半襖の裏張り」をピックアップ。「キネマ旬報」1973年12月下旬号より転載いたします。

今回は、「キネマ旬報」1973年12月下旬号より転載いたします。1919年に創刊され100年以上の歴史を持つ「キネマ旬報」の過去の記事を読める貴重なこの機会をお見逃しなく!

エロスの幻想のなかに塗り込められた神代の大正史

恣意的な時間の再編成

佐藤信「喜劇・阿部定」で日付を解体した”昭和十一年史”を描いた。その年は二・二六事件が起き、阿部定事件が世間を騒がせた。イタリアのエチオピア侵略があって、英皇帝エドワード8世シンプソン夫人の“世紀の恋”が記録された。佐藤はそのような年を惟み女と戒厳令、二・二六のピストルと男根を百層させたなかでイメージした。彼の記述した戦前史(あるいは昭和史)は、“事実”に対するしいの奔放さによって、あの時代をみごとに抽出したものとなった。佐藤信にとっては、男根切断の女に、天子サマへのあいより、抱きかかえた男根への愛の方が痛切だったという意味のことを言わせるのが歴史だった。戒厳令と阿部定、その生臭いエロスのイメージが、彼にとってはあの時代であった。 四畳半襖の裏張り」を見ながら、私が「喜劇・安部定」を思い出していたとしても、それほど突飛ではない。「喜劇・安部定」が昭和十一年を軸にした佐藤の昭和史なら、「四畳半襖の裏張り」は、大正七年を描いて独自の歴史を編んだ神代辰巳の大正史と言える。

エロスで歴史を記述するために、しかし神代は不思議な恣意的方法をとったものである。袖子と信介のあの長い、技巧の限りを尽した情事の起伏のなかに、彼は大正七年という歴史を捕促しようとする。

広告の後にも続きます

米騒動が頻発し、鎮圧軍が出動した。一方ソビエトでは「三月革命」に続いて「十月革命」が起きた。シベリヤ出兵のあった年でもある大正七年を芸者と客によるエロスのなかに塗り込めるように彼は記述した。

大正七年、「夏の暑い夜」という設定ではじまる作品の不思議な方法からまず見てみよう。芸者柚子(宮下順子)が人力車で置屋へやってきた。性が安直に手に入る二流どころの花街が舞台だ。客ははじめての信介(江角英明)。富山から大阪に飛び失した米騒動の号外屋が走って、世情不安を背景にしてか、二人の情事はそんなことを話題にしながらはじまる。

情事のはじまりは夏の夜だった。蚊帳がつられた四畳半がしつらえてあって、二人はうねりに到達するために静かに始動する。ところが画面はつぎの展開では、芸者置屋「花の家」の夕刻になるのだ。半玉芸者の花丸が、抱え主の花枝とお座敷仕度のため、水おしろいを塗りたくっている。時間が、東京の花街のある夏の日に遡行していくのである。半玉芸者の花丸が、抱え主の花枝とお座敷仕度のため、水おしろいを塗りたくっている。時間が、東京の花街のある夏の日に遡行していくのである。その時から、作品は時間の順序を失ってしまう。

歴史は夜つくられる

一軒の置屋を主舞台にくりひろげられる、いわば人生色模様の登場人物は、袖子と信介の芸者と客、花枝と花丸の主従、それに芸者夕子と陸軍二等兵の恋人同志の三組。袖手・信介の情事の時間を筋として底通させながら、この三組はパラパラの時間を各自が持っている。例えばこんな具合いにだ。

夕子と二等兵の鶏の交尾に似たせわしげな情事は、夕刻前のいっときなのだが、「花の家」は午前の掃除時間である。鶏卵をマタにはさんで花丸が掃除や歩き方の練習に汗みつ流しているころは、柚子と信介にとっては、ようやく「鼻息荒くなる」時刻となる。

神代のこのような時間の秩序を無視した構成は、時間をバラバラに解体することで、自分の“歴史”の時間に編み直そうとの試みである。大正七年という歴史は、恣意的な時の再編成によって記述される。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル