山田孝之、映画『50回目のファーストキス』を振り返る「長澤まさみとチュー。断る理由が見つかりませんでした」
山田孝之、映画『50回目のファーストキス』を振り返る「長澤まさみとチュー。断る理由が見つかりませんでした」
映画『50回目のファーストキス』の完成披露試写会が4月30日に東京のイイノホールで行われ、山田孝之、長澤まさみ、佐藤二朗、勝矢、太賀、山崎紘菜、福田雄一監督が登壇した。 本作は、アダム・サンドラー、ドリュー・バリモア出演 […]

映画『50回目のファーストキス』の完成披露試写会が4月30日に東京のイイノホールで行われ、山田孝之、長澤まさみ、佐藤二朗、勝矢、太賀、山崎紘菜、福田雄一監督が登壇した。

本作は、アダム・サンドラー、ドリュー・バリモア出演のロマンティック・コメディ『50回目のファースト・キス』(2004年)を原案にした作品。ハワイのオアフ島を舞台に、事故の後遺症で短期記憶障害を抱え1日で記憶が消えてしまう瑠衣(長澤)に一目惚れした大輔(山田)が、偶然の出会いを一生に一度の恋にする恋愛映画だ。

今作がラブストーリー初挑戦となる福田監督は「もともとラブストーリーがやりたかったんです」とコメントすると佐藤から「だいぶ遠回りしてきたな!」と厳しいツッコミ。それに対し福田監督は「原案の映画を観たときにちゃんと笑えて、ちゃんと泣ける映画だったのでこれは挑戦したいと思いました」と続けた。

またオファーを受けた時のことを聞かれた山田は「18年くらい俳優をやっていたんですけど、やっとご褒美が来たなと思いました。福田組で、ハワイで撮影をして、さらに長澤さんとチューをいっぱいする。さらにそれがお仕事で、お金ももらえるんですよ。いくら考えても断る理由が見つかりませんでした(笑)」と話し会場は笑いに包まれた。

ハワイでの撮影について聞かれた長澤は「ハワイでずっと撮影していたのですが本当に浮かれちゃいましたね。映画は自信をもって、2回、3回と見てもらいたいなと思う作品になりました! 」とコメント。福田監督は「あの浮かれてる感じが役にぴったりでしたね。長澤さんずっと笑っていたよね!」と振り返った。さらに撮影時に長澤のモノマネを太賀がしていたことを福田監督が明かすと、太賀は「そのうち孝之さんや二朗さんもモノマネするようになったんです。最初は長澤さんも笑っていたのですが、いつの間にか涙を流していて……」と言うと、長澤は「うれし泣きです(笑)」と照れ笑いを浮かべていた。

そして本日登壇ができなかったムロツヨシがVTR出演。スクリーンに映し出されたムロの映像に「ちゃんと髭を剃れ!」とキャスト陣から野次が飛ぶ場面もあった。

さらにイベントではサプライズゲストとして、主題歌「トドカナイカラ」を担当している平井 堅が登場した。福田監督は「エンドロールで流れる曲を聴いてるだけで泣けるんですよ。最高です」と大絶賛。平井とのエピソードを聞かれた山田は「スペイン料理屋で一人で飲んでいるときに、平井さんから声をかけてくださったんですよ」と振り返り、平井が主題歌を手掛けたことについては「普通だったら素直に喜べるんですが、福田組なので……」と苦笑いしながら答えた。

https://youtube.com/watch?v=ppOe0OW-lCU%3Ffeature%3Doembed%26%23038%3Bwmode%3Dopaque

【STORY】
ハワイのオアフ島。ツアーガイドとして働きながら天文学の研究をしている、プレイボーイの大輔は、ある日、カフェで瑠依という明るくて魅力的な地元の女性と出会う。たちまち意気投合するふたりだったが、翌朝会った瑠依は、大輔のことをまるで覚えていない。瑠依は、新しい記憶が一晩でリセットされるという事故の後遺症を患っていた。そんな彼女に本気になった大輔は、毎日初対面の彼女をあの手この手で口説き落とす。ふたりは毎日恋に落ち、毎日ファーストキスをくりかえす。しかし、ふとした事件で瑠依は自分の記憶のズレに気づき、苦しむことに。そのことすら1日で忘れてしまうのだが、このままでは瑠依の人生は失われたままだと考えた大輔は、彼女のため、ある〝新たな試み“をしかける……!

作品情報

『50回目のファーストキス』
6月1日(金)全国ロードショー

出演:山田孝之、長澤まさみ、ムロツヨシ、勝矢 太賀、山崎紘菜/大和田伸也、佐藤二朗
脚本・監督:福田雄一
プロデューサー:北島直明、松橋真三
製作:『50回目のファーストキス』製作委員会
制作プロダクション:Plus D
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
オフィシャルサイト:50kiss.jp

©2018 『50回目のファーストキス』製作委員会

 

山田孝之、映画『50回目のファーストキス』を振り返る「長澤まさみとチュー。断る理由が見つかりませんでした」は、【es】エンタメステーションへ。

(更新日:2018年5月6日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME