top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

TEAM SHACHIのラウドポップ、EMPiREのSUPER COOL 海外ポップスのトレンドを押さえたJアイドルの深化|「偶像音楽 斯斯然然」第48回

Pop'n'Roll

昨今、海外トレンドを押さえながら、さらに深化させたサウンドを聴かせているTEAM SHACHIとEMPiRE。独自の様式を持つ日本のポップミュージックシーンの中で、ある種、異質とも言えるこの2組のサウンドデザインを、冬将軍が独自の視点で分析する。

『偶像音楽 斯斯然然』
これはロックバンドの制作&マネジメントを長年経験してきた人間が、ロック視点でアイドルの音楽を好き勝手に語る、ロック好きによるロック好きのためのアイドル深読みコラム連載である(隔週土曜日更新)。

Ringwanderungが1月10日に渋谷WWWで行なったワンマンライブ<hello hello>。2020年11月29日から紆余曲折あり、延期となってしまったこの公演、結果的には会場規模も大きくなって盛況。このコラムで何度か取り上げているように、動く幾何学模様ともいうべき趣を持ったグループで、緻密によく練られたリズムパターンと精巧に鍵盤とギターが絡み合っていく丁寧なアレンジ、繊細なサウンドプロダクトがたまらない。メンバーも全員歌えるし、キレと俊敏さを併せ持ったパフォーマンスも良い。そんなクオリティの高さは知っていたのだが、やはり長い時間でじっくり進行していくワンマンライブを観ると印象は変わる、もちろんいい意味で。こんなに個々含めて表現力があるとは思わなかったし、メンバーのキャラ立ちを考慮したような、「カブトムシ」(aiko)、「OIDEMASE!!〜極楽〜」(FES☆TIVE)をカヴァーという予想外のセトリも飛び出した充実の内容。

新衣装も初めて生で観た。軍服テイストのシュッとしたイメージを踏襲しながら大胆な赤青の色使いの衣装は、精悍さと艶やかさが共存するハイセンスなシルエット。何気に靴がめっちゃカッコ可愛いデザインであることに気づき、ついつい足下を追っていたり(何フェチだよ)。MCのゆるさ含めて、いいグループだと思った次第。強いていうなら、みょんの舌ペロに期待(詳しくは過去記事参照)。

TEAM SHACHI、アメフラっシ、デビアンにthe GazettE? EDMとラウドなバンドの絶妙な関係|「偶像音楽 斯斯然然」第40回

来週20日には待望の1st EP『Re』がリリースということで、今後が楽しみで仕方ないRingwanderungの話題でした。

広告の後にも続きます

Ringwanderung – esライブ映像

TOPICS

ジャンル