top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

追加パーツなしで高さを変えられるogawaのコットが快適すぎる!

&GP

それでは組み立てていきましょう。まずはベッド生地のスリーブに、フレームを通します。スリーブには脚部を取り付けるための穴が空いていて、安価なコットはこの段階で躓くのですが、「ハイアンドローコットワイド」はスリーブの設計が絶妙でフレームが穴から飛び出てイライラすることがありませんでした。

次に脚部パーツを組み立てます。地面に接する脚側には穴が4個あるのでハイコットなら内側、ローコットなら外側の穴に差し込んでおきます。

脚部のソケットをフレームに当てたら、反対側にあるレバーを押しながらフレームに押し込みます。このあたりはほかの軽量コットと同じ仕組みです。

組み立てた後でも思い立ったらすぐに高さを変えられます。ここが最大のポイント。その場で高さを変えられるのはとっても便利。

使用サイズは191×71cmで耐荷重120kg。ベッド生地はポリエステルで薄すぎず厚すぎず。頼りがいがあり長く使えそう。

広告の後にも続きます

▲ロースタイル(高さ25cm)

▲ハイスタイル(高さ42cm)

高さは42cmと25cm。似た仕組みのコットはありますが、この「ハイアンドローコットワイド」はワイドだからか高さの差が大きく、視界の違いがはっきりわかりました。それに、当然、生地は体重で沈み込むし、長く使っていると沈み込みも大きくなるでしょう。でも、ローでも高さは25cmあり、芝生が伸びたサイトで使っても葉先がくっつく心配はまずありません。

ソロテントに入れた写真で比較すると、ハイコットにするとかなり中央よりに置かないといけないことがわかります。ワンポールテントだと“ハイコットはなんとなく圧迫感がある”どころではなく、実際に有効面積が狭くなるんですね。

*  *  *

気軽に高さを変えられるコットはやはり便利です。このシステムを成立させる脚部は安定感があるのか疑問でしたが、中央に伸びるフレームのおかげでしょうかねじれ感はなく、また接地面がボール状になっているので高さを変えても安定していました。フロアレステントだけでなくフロアありテントで使っても生地を傷めにくいのも気が利いています。

▲ハイだと立ち上がりやすい

生地がこすれる音がたちにくく、ワイドサイズで幅広と言われるogawa「インフレータブルマット」(幅55cm)よりも10cm以上余裕があり、窮屈に感じません。ゆとりの寝心地と組み立ての簡単さ、そしてogawa品質をプラスしているわけですから、ULにさほどこだわらない人なら“買い”ですね。

>> キャンパルジャパン

 

<取材・文/大森弘恵 写真/田口陽介>

大森弘恵|フリーランスのライター、編集者。記事のテーマはアウトドア、旅行、ときどき料理。Twitter

 

 

 

【関連記事】

◆もはやベッド!ヘリノックス「コットワン」の新作はふっかふかで寝心地最高!
◆スナグパックの新作「コット」はキャンプにもツーリングにもいい感じ
◆踏み込むだけでハリが出る!1分で組み立てられるハイコット「OUTPUT LIFE/EASY COT」【アウトドア銘品図鑑】

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル