top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

約1億人が活動休止までの1か月間「嵐」のテレビ番組をリアルタイム視聴したことが判明! 視聴人数最多シーンは『NHK紅白』の4千万人

ガジェット通信

株式会社ビデオリサーチが、アイドルグループ「嵐」がメンバー全員で出演し、2020年12月1日(火)~12月31日(木)に放送された全15番組における日本全国でのリアルタイムでの「到達人数※1」の推計を発表した。

21年間第一線で活躍し、2020年末で活動休止を迎えたアイドルグループ「嵐」。冠番組をはじめ、多くのテレビ番組に出演し、テレビを盛り上げ続けた彼らの活動休止までの1か月間を見届けた人数をまとめた。

今回の推計については、2020年4月に開始をした新視聴率による「全国32地区 テレビ到達率・視聴率」を用い推計を実施。全調査地区において【365日の個人視聴率対応】など、調査仕様を統一することで提供が可能となった。

「嵐」は日本全国でどれぐらいの人に視聴されたのか?

活動休止までの1か月間で「嵐」の出演番組・シーン※2を見届けた人は約1億人、彼らがたくさんの人に愛された国民的グループであることと、テレビの到達パワーを示す結果となった。
※2 2020年12月に放送された、「嵐」としてグループ出演をしたレギュラー番組9番組の全編、および「嵐」として出演の音楽番組6番組のうち、嵐の出演シーン(歌唱と前後のトーク)を対象に集計。

全15番組を通じて最も視聴人数が多かった場面は、12月31日のNHK紅白歌合戦の21時52分、嵐が「Happiness」の歌唱後、総合司会の内村光良が「嵐のみんな、ありがとうございました!ひとまずお疲れさま」と呼びかけた場面で約4145.4万人(視聴人数)。
*12月1日~12月31日までの対象の各番組を放送していた局の個人全体4才以上における全国32地区到達率・視聴率が、調査最小単位の「1分間」において最大となった時間の視聴人数。(1分間における視聴人数は、到達人数と同じ人数となります。)

広告の後にも続きます

【番組視聴の定義】
※1到達人数
個人全体4才以上における1分以上の番組視聴を”見た”と定義し、その番組をどれだけの人が視聴したのか(到達したのか)を推計した値です。全国32地区の個人全体4才以上の到達率を拡大推計マスタ(※3)に掛け合わせて推計しています。 「到達人数」は、「ユニーク到達人数」であり、重複はありません。

※3拡大推計マスタ
住民基本台帳、国勢調査より推計した人口・世帯数にビデオリサーチが実施するエリア内特性調査より推計した自家用TV所有率を乗じたものです。到達人数、視聴人数には、ビデオリサーチが視聴率調査を実施している調査エリアを全国に拡大推計して使用しています。

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル