top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

【玉置妙憂の心に寄りそう人生相談】定年直前、仕事が合わず退職したのは失敗?

女性自身

【玉置妙憂の心に寄りそう人生相談】定年直前、仕事が合わず退職したのは失敗?

【連載】玉置妙憂の心に寄りそう人生相談<第59回>

数々のメディアにも紹介され大反響を呼んでいる新書『死にゆく人の心に寄りそう〜医療と宗教の間のケア〜』(光文社)の著者・玉置妙憂さんが毎週、読者の悩みに寄りそい、言葉を贈ります。

 

【今回の相談内容】

私は入社してから33年、ずっと同じ仕事に携わってきました。その仕事にはやりがいを感じていて、会社で自分の存在意義も感じていました。そんな中、2年前に会社の配置変えがあって、初めて別の業務を担当することになったんです。ただ、会社からのサポートが期待したほどなかったこともあって、その仕事に私はどうしても馴染むことができなくて。先月、会社に退職届を出しました。入社してから35年、定年まではあと2年でした。もちろん、会社の同僚や家族には「あと2年の辛抱だよ」「新しい仕事を見つけるのは難しい」「今の会社で何が不満なの?」と反対されました。私にもコロナの影響で職を失う人や収入がない人が多くいる中、後ろめたさや将来に対する不安があったことは確かです。ただ、それでも辞めたかったんです。新しい作業には満足できず、やりがいのあった作業からは離れて、どうしても自分の存在価値が感じられなかったんです。私は間違った選択をしてしまったのでしょうか。(58歳・女性・会社員)

 

広告の後にも続きます

【回答】

「辞めたくなかった」「辞めて失敗した」と、一番思っていらっしゃるのはあなたのようですね。

TOPICS

ランキング

ジャンル