top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

親世代の4人に3人は「日本の教育が不安」  認知度は低いが「STEAM教育」への期待も

もっとエンタメ

 コロナ前から“先行きの見えない時代”ということは言われていたが、数週間、数カ月先の国内や世界の情勢も不透明な時代になっている。世界の教育情報を提供する Webメディア「STEAM JAPAN」を運営するBarbara Pool(東京)が親世代に教育に対する意識調査を行ったところ、4人に3人が現在の日本の教育を不安に感じているという結果が出た。漠然とした不安から、教育の課題に対しても意識がそれぞれ異なるようだ。

 同社のプロジェクト「STEAM JAPAN RESEARCH」として、昨年8月に行ったWeb調査。首都圏1都3県(東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県)の5~15歳の子どもと同居する、25~69歳の男女7,119人を対象に行った。同社が提供するサービス「STEAM教育」の今後の展開の参考にすることが目的。

 「あなたは現在の日本の教育に対する不安はありますか」という問いに対しては、「非常にある」(22%)と「ある」(52%)を合わせて、74%が「ある」と回答。不安が「ある」と答えた人に「不安に感じていること」を尋ねたところ(複数回答)、「先の見えない不透明さ」(45%超)がトップ。「子どもがグローバル社会を生き抜ける人材になるか」(40%超)、「時代の変化に強い人材になるか」(40%弱)、「地域や学校に寄ってできる学習格差」(約35%)、「子どもがデジタル社会を生き抜ける人材になるか」(約30%)と続いた。漠然とした不安や、世の中の変化に対応できる人材になれるかという不安を抱えている親が多いことが読み取れた。

 では、「子育て・教育をする上で欲しい情報」は?…

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル