top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「長距離走は必要?」元プロ日体大コーチが語る投手の基礎体力の重要性と練習メニュー vol.2

高校野球ドットコム

 12月に入り、高校野球は一斉に対外試合禁止期間へと入った。解禁される2021年3月6日まで、各チームは体作りや基本練習を中心に過ごすことになり夏の飛躍に向けて非常に大事な期間となる。

 今回はそんなオフシーズンに是非行いたいトレーニングや基本練習を、アマチュア球界で定評のある指導者に伺っていった。中学、高校球児に皆さんには是非参考にして欲しい。

 第2回目となる今回も日本体育大学の辻孟彦投手コーチにお話を伺っていく。プロ野球選手時代の経験、大学院体育科学研究科での知識を活かして、松本 航(西武)、東妻 勇輔(ロッテ)、吉田 大喜(ヤクルト)、森 博人(中日2位)といった投手をプロに輩出した辻コーチ。

 今回は「大学野球までにここまでは抑えて欲しい基礎体力・基本技術」をテーマにお話をいただき、日本体育大で行っている練習メニューも教えていただいた。

vol.1はこちらから!
松本航、東妻勇輔ら3年間で4人の大卒プロ投手を輩出した投手王国・日体大が実践する投手トレーニング vol1

選手、指導者、トレーナーの三者でコミュニケーションを取ることが大切

日本体育大・辻孟彦コーチ

広告の後にも続きます

 「大学野球までにここまでは抑えて欲しい基礎体力・基本技術」
 このテーマに対して、辻コーチがまず挙げたのが肩、肘の怪我をしていないことだ。高校時代に我慢や無理をして大学入学後に怪我が発覚し、1、2年を棒に振るケースをこれまで辻コーチは何人も見てきた。早い段階での申告、医療機関での治療を行うことが、その後の野球人生を大切にできる。

 「一生懸命やって怪我するのはしょうがないです。その後に大事なのは専門家に診ていただいて原因を明らかにし、治療やリハビリをしっかり行うことです。もし気になるところがあるのであれば、早く正直に言ってちゃんとした医療機関で診てもらって治療することをオススメします」

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル