top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

小泉進次郎が仕掛ける「ステルス倒閣作戦」鉄の結束

SmartFLASH

 

 4月17日発売の「週刊朝日」。小泉純一郎元首相は、誌上で
<(安倍政権は)危なくなってきたね。安倍さんの引き際、今国会が終わる頃(6月20日)じゃないか。(9月の)総裁選で3選はないね。これだけ、森友・加計問題に深入りしちゃったんだから>とバッサリ。

 

 自民党の若手議員は驚きを隠せない。

 

広告の後にも続きます

「これまで原発政策などで批判的なことは言っても、政局のことは口にしなかった小泉さんが、はっきりと首相の退陣を口にした。6月中という時期まで。これは尋常ならざることです」

 

 小泉氏が、安倍政権批判のトーンを強めたのは、息子・進次郎氏の動きと連動している。

 

 進次郎氏が動きだしたのは、3月1日のこと。彼を中心に「2020年以降の経済社会構想会議」という勉強会が発足したのだ。メンバーは福田達夫氏、武部新氏、加藤鮎子氏、笹川博義氏ら総勢30名。かつて小泉政権を支えた盟友の二世たちで、事実上の “進次郎派” と目されている。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル