top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「ウバッグ狩り」に路上ゲンカも…競争激化でウーバー配達員のトラブル急増中

アサ芸Biz

 東京・新宿区のマンションに住む女性宅玄関前に新聞紙を置き、火をつけたとしてウーバーイーツ配達員の男(29)が1月6日までに、現住建造物等放火未遂の容疑で警視庁に逮捕された。

 全国紙社会部記者が語る。

「男は犯行に及ぶ1週間ほど前の昨年11月上旬、乗っていた自転車が女性の自転車と接触。口論となり女性を殴りそのまま立ち去った。ところが、女性が男を追いかけて謝罪させたというんですね。すると、直後から女性の自転車がパンクさせられるなど、嫌がらせが続くようになり、事件当日、自宅の玄関先でしゃがみこんで火をつける男を目撃。今年に入り逮捕となったわけですが、男は、『路上で女性から謝罪を求められ、屈辱感を感じた。自転車をパンクさせても腹の虫がおさまらなかった』と容疑を認める供述をしているようです」

 逆恨みの放火などはもってのほか。だが、コロナ禍でフードデリバリー需要が増加する一方、ウーバーイーツ配達員をめぐるトラブルが後を絶たないという。

「昨年5月には、同社配達員と思しき人物が自転車で首都高を走行している動画がアップされ、大騒ぎになりましたが、猛スピードでの走行や信号無視、無灯火などの危険運転は、もはや珍しいことではなくなりました。それどころか、最近はウーバー配達員同士の小競り合いや窃盗事件などが頻発、そちらのほうが問題になっているようです」(前出・社会部記者)

広告の後にも続きます

 ウーバーイーツ配達員の報酬は変動性で、飲食店からの受取料と客への受け渡し料金、配達の際の移動距離に準じた料金を足したものとなるが、元配達員のAさんはこう話す。

TOPICS

ジャンル