top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

コロナ禍は主婦にとって「デジタル化→収入増の好機」と専門家

女性自身

コロナ禍は主婦にとって「デジタル化→収入増の好機」と専門家

 

「自分で金融商品を選び、毎月一定の金額を積み立てて運用するiDeCoは、60歳以降に年金、または一時金として受け取ることができる制度です。iDeCoの口座を開設し、日経平均とダウ平均それぞれに連動する2つの商品を選択して、毎月一定額を買いつけるのもいいでしょう」

 

このiDeCoで積み立てながら、慣れて資産額も増えてきたところで、個別株への投資に挑戦するのもありだろう。

 

広告の後にも続きます

「株式投資をする会社は、各企業のウェブサイトでIR情報を見て『名前を知っている優良企業』『5年間増収・増益を続けている企業』を選ぶべきです。それらは、たとえばコロナ禍で一時的に株価が下がっていても、景気が回復すればいずれ盛り返してきます」

 

「主婦の方は可能であれば、『自分の得意なスキル』を生かして、お金を増やしましょう」

 

加谷さんが、まず挙げるのは、家事代行サービス。

 

「私も一人暮らしの父のために、家事代行サービスを頼むことがありますが、スタッフさんによって仕上がり、気配りなどが雲泥の差です。当然、素晴らしいと思える方にはリピーターがつきます」

 

ただ、スキルはあっても「どう収入に結びつけるのか」がわからなければ、受注には結びつかない。そのヒントは「デジタル化」としつつも「難しい知識などいらないんです」と加谷さんは続ける。

 

「メールやLINE、SNSが使える程度で十分。『自分は何ができて、どんな役に立つのか』を、ツールを使って“顧客視点で発信できる人”が勝ち組となります」

 

コロナ禍だからこそ「主婦のデジタル化」はチャンスを生む。

 

「デジタル化すれば、移動頻度も低くなり交通費が削減できます。家で完結できることも増えるので、不要不急の外出にもなりません。店舗とネット通販では、後者のほうが安いことが多いですよね。その逆と考えれば、店舗を持たず、ネット上で仕事を受けるほうが、経費も人件費も削減されて、同じ商品でも安く売れる=買い手に選ばれるメリットとなるんです」

 

お金を増やすためには「夫のご近所デビュー」も重要だ。

 

「在宅ワークで給与減になってしまっている場合もあるでしょうし、早期退職も今後、考える必要があるかもしれません。そんな夫には近所の知り合いを紹介して『ご近所デビュー』をしてもらいましょう。会社一筋で“対面コミュ力”の低い夫のサポートができるのは、『ご近所力』にたけた主婦です」

 

夫の“対面コミュ力”が上がれば、夫婦で新しいチャレンジをする可能性も広がる。

 

「たとえば、『クラウドキッチン』といって、時間貸しの厨房などを利用し、店舗を持たずに料理をデリバリーするサービスが、いま伸びています。設備投資がいらないので、リスクが最小限です。料理に限らずスキルを生かすためには、時代に合わせたやり方を研究することも忘れずに」

 

「女性自身」2021年1月19日・26日合併号 掲載

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル