top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

2度の奇跡を起こした城北(東京)の原動力『楽しむ野球』に注目!

高校野球ドットコム

 夏の独自大会も秋季都大会も上位に進出したわけではない。けれども強く印象に残っているチームがいくつかある。

 中でも、夏と秋に奇跡を起こした城北を、一押しチームとして紹介したい。

秋の公式戦4試合で得点41、失点36

都立小山台を破った城北

 夏の独自大会で番狂わせであったのは、東東京大会の2回戦で城北が、2年連続準優勝の都立小山台を破った一戦だった。

 この大会は、試合ごとにベンチ入りメンバーの入れ替えが可能だった。2回戦の先発は、この試合から登録された2年生の島田 開斗だった。島田はスローボールを巧みに使い試合を作り、3年生のエース・中村 陽紀につなぎ、2対1で逃げ切った。

 3回戦は、巨人にドラフト5位で指名された二松学舎大附の秋広 優人に3安打に抑えられたが、強い印象を残した。

広告の後にも続きます

 夏はロースコアのゲームを守り切ったが、秋は、全く違う野球で驚かせた。

 秋季都大会の1回戦は、前年の夏の西東京大会優勝校の國學院久我山だった。雨中の試合は、7回表に國學院久我山が8点を入れ、16対4の12点差。コールド負けは目前だった。しかし國學院久我山はエースに代わり、控え投手をマウンドに送る。そこから城北の猛攻が始まり、7回裏に10点、8回裏に4点を入れ、18対17と奇跡の大逆転勝ちを成し遂げた。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル