top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

「名選手、名監督にあらず」を覆したスーパースターと言えば?

web Sportiva

 現役引退を表明したスポーツ選手が指導者の道に進もうとしたとき、その理由について、たいていこう答える。

「恩返しがしたい」

 それまで選手として携わってきた競技に、指導者になって「還元したい」というわけだ。

 どこまで本気でそう考えているのか。その心中はこちらで推察するしかないが、いずれにせよ、”恩返し”がお安く使用される傾向があることは確かだ。

 だが、”恩返し”は簡単な話ではない。選手と指導者とでは、求められる資質や適性が大きく異なるからだ。それに、指導者、特に監督を目指そうとしているすべての人が、その競技の進歩、および普及・発展に貢献できる能力を備えているわけではないのだ。

広告の後にも続きます

 そこで思い浮かぶ言葉が、”名選手、名監督にあらず”である。

 そして、この格言がどのスポーツより当てはまるのが、サッカーだ。どれほど優れた選手であったとしても、監督として現役時代と同様、あるいはそれ以上の実績を残した人物は非常に少ない。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル