top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

同世代の同志として、恋人役に挑戦!『花束みたいな恋をした』W主演 菅田将暉×有村架純が登壇!完成報告イベント開催

cinefil

「東京ラブストーリー」(91)、「Mother」(10)、「最高の離婚」(13)、「Woman」(13)、「いつかこの恋を思い出してきっと泣いてしまう」(16)、「カルテット」(17)、「anone」(18)など、常に私たちの心を捉えて離さない多くの連続ドラマを手掛けてきた脚本家・坂元裕二が、2020年の東京を舞台に、今を生きるすべての人へ贈るため書き下ろした最新作。坂元裕二が映画オリジナルのラブストーリーを手掛けるのは今作が初となります。

主役を演じるのは、菅田将暉と有村架純。2人の実力派俳優による〈初のダブル主演〉が実現しました。監督を担うのは『罪の声』の土井裕泰。『いま、会いにゆきます』(04)、『ハナミズキ』(10)、『映画 ビリギャル』(15)など多くの大ヒット映画を手がけてきた土井監督の坂元裕二とのタッグは、ドラマ「カルテット」以来、映画では初のタッグとなります。

この度、1月12日(火)に菅田将暉×有村架純が登壇!完成報告イベントを行いました。

当日は、W主演の菅田将暉、有村架純、そして土井裕泰監督が登壇!遂に完成された本作について想いを語っていただき、本物のカップルのようだと話題沸騰のお二人に撮影秘話などを伺いました。また『花束みたいな恋をした』というタイトルにちなんで、菅田と有村は”花束占い”を実施。お互いに対する秘めたる想いなど、二人が選んだ花束から様々な占い結果が明らかになりました。

『花束みたいな恋をした』完成報告イベント
【日程】 1月12日(火)
【場所】 都内某所
【登壇者】菅田将暉、有村架純、土井裕泰監督 (敬称略)

偶然に出会い恋をした二人の5年間を描くラブストーリー、映画『花束みたいな恋をした』の完成報告イベントが開催され、W主演で山音麦役の菅田将暉さん、八谷絹役の有村架純さん、そして本作のメガホンをとった土井裕泰監督が登壇いたしました。
いよいよお披露目となる本作について「今日はこんな状況の中、表舞台でご挨拶できることを感謝しております。」(菅田)、「新年も明けまして、無事にこの映画が皆様に届くと思うと、とても楽しみです。無事に公開できることがこんなにありがたいことなんだなと、ひしひしと感じています。」(有村)、「実は去年の1/12、今日からちょうど一年前がクランクインの日でした。思いもしないことが沢山起きた1年でしたが、完成を報告させていただけることが本当に嬉しいです。」(土井)とそれぞれ喜びを露わにしました。

広告の後にも続きます

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル