top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

初心者でも「シン・エヴァ」が100倍楽しめる!復習すべき映画を解説

エンタメウィーク(映画)

初心者でも「シン・エヴァ」が100倍楽しめる!復習すべき映画を解説

1995年からテレビアニメの放送が始まり、今なおファンを虜にし続ける「新世紀エヴァンゲリオン」シリーズ。
2007年にはリメイク作品にあたる「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」シリーズも公開され、いよいよ完結編である「シン・エヴァンゲリオン劇場版」(以下「シン・エヴァ」)が公開されます。



画像名
<株式会社カラー khara inc.official YouTubeチャンネルより>


ここでは、往年のエヴァンゲリオンファンはもちろん、「まだ作品のことをあまり知らない」という人でも、「シン・エヴァ」をより楽しく鑑賞するために見ておきたい作品や、小ネタを紹介!
公開前に復習しておくことで、より作品が楽しめるはず。

■「エヴァンゲリオン」シリーズ、それぞれの作品で迎えるラストに注目!


「エヴァンゲリオン」シリーズは大まかに2シリーズに分けることができます。
テレビアニメ+新世紀エヴァンゲリオン劇場版の組み合わせの、旧作シリーズ。現在完結が待たれている「ヱヴァンゲリヲン新劇場版」が新作シリーズです。

順に作品を追っていくと、一見「テレビアニメのリメイクを映画化しているだけ」のように思えますが、実はどれも展開が微妙に違い、どんな結末を迎えるのか全く予想できないのがエヴァの魅力のひとつ
キャラクターたちの行動やキーワードの有無、物語の鍵を握る人物「渚カヲル」に注目して作品を見てみると、より作品ごとの特色を掴めるはず。

新世紀エヴァンゲリオン


画像名
<Amazonプライム・ビデオより>


エヴァを語る上で忘れてはならないのが、原点となったテレビアニメシリーズ。
物語は主人公・碇シンジが第3東京市を訪れるシーンから始まります。突如現れた人類の敵”使徒”から街を守るため、シンジは人型決戦兵器エヴァンゲリオンの操縦士に抜擢されてしまい……。

なかでも「伝説の最終回」といわれる、ラスト2話は必見。
その内容は、パイプ椅子に座るシンジの問いかけに対して、キャラクターたちが一言ずつ話していくというもの。そして最後には、伝説といわれる所以にもなった衝撃のラストが!?
見終わった後には、シンジの父・ゲンドウ率いる「特務機関NERV(ネルフ)」の目指していた「人類補完計画」の概要が理解できるはず。

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に


画像名
<Amazonプライム・ビデオより>


テレビアニメ版のもう一つの結末として描かれたのが、「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」。テレビシリーズの第25話と、最終話のリメイク作にあたります。
人為的なサードインパクトに失敗したゼーレは、ネルフに総攻撃を開始。反撃するアスカとシンジですが、空からは量産型とみられるエヴァンゲリオンが多数出現!

物語のラストではテレビ版でも度々ワードが出てきた「人類補完計画」が、ついに実行に移されます。
計画が達成された後、果たして人類はどうなってしまうのでしょうか?

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序


画像名


碇シンジは10年ぶりに再会した父・ゲンドウが司令官を務める「特務機関NERV」に呼び出され、エヴァンゲリオンに搭乗し使徒と戦うよう命令される。本作では「ヤシマ作戦」までの物語が描かれますが、新劇場版ではテレビアニメ版とは異なる演出になっています。

作戦決行前、テレビアニメ版では現場の指揮を執るミサトに対し、リツコが「でも彼、もう一度エヴァに乗るかしら」と問いかけます。しかしミサトはリツコへ言葉を返さず、淡々と部下に指示を出すだけ。

一方、「序」ではミサトはシンジに対し、「シンジ君だけが命をかけて戦っているわけじゃない」と告げるシーンが新たに追加。
このことから、新シリーズでは旧シリーズに比べ”人の繋がり”に焦点が当てられていることが分かります。

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破


画像名


新劇場版シリーズの2作目。ヤシマ作戦を終えたシンジの前に現れたのは、エヴァ2号機のパイロットである、式波・アスカ・ラングレー。テレビ版には登場しなかったキャラクター・マリも加わり、使徒との戦いはさらに激化していく。

本作では冒頭からテレビシリーズとも「新世紀エヴァンゲリオン劇場版 Air/まごころを、君に」とも違う展開がたくさん。
特に注目すべきは、シンジのクラスメイト・トウジがアイスを食べて「ハズレかいな」と呟くシーン。

トウジといえば、テレビアニメ版ではエヴァ3号機のパイロットに選出されたキャラクター。このシーンではアイスのおまけが外れたと同時に、3号機の搭乗実験に外れたことを意味しています。
では、トウジの代わりに3号機に乗るのは、一体だれ……?

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q


画像名


軌道衛星上に初号機とともに封印されていたシンジは、アスカとマリにより地球に戻される。14年間眠り続けたシンジの前に現れたのは、巨大戦艦「AAAヴンダー」を駆使し、ネルフと戦っているというミサトたち。シンジはやがて変わり果てたネルフ本部を訪れるが、そこで自分が眠っていた間に起きた恐ろしい真実を知る。

本作で注目すべきは、シンジと冬月が将棋を指すシーン。
なんてことはない一幕に思えますが、この時冬月はシンジに「31手先で君の詰みだ」と語ります。
それから31分後、シンジは絶望的な状況に陥ってしまう……!

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

■もっとエヴァに関する理解を深めたいなら、「庵野作品」を見よ!


Qで突然登場した「AAAヴンダー」や完結作となる「シン・エヴァ」のタイトルに隠された秘密が知りたい人は、エヴァンゲリオンシリーズの指揮を執る庵野秀明監督の作品をチェック!
マニアしか知らない小ネタに触れれば、より作品に対する愛嬌が湧いてくるはず。

劇中に散りばめられた”エヴァっぽさ”に気が付ける?「シン・ゴジラ」


画像名


ある時、東京湾アクアトンネルが突如崩落。首相官邸では事故原因をめぐって紛糾するが、内閣官房副長官の矢口は地底に巨大生物が生息していると推測。
やがてゴジラは日本に上陸し、自衛隊との全面戦争になっていく。

終盤で発令されるゴジラの対抗計画「ヤシオリ作戦」では、エヴァおなじみの「ヤシマ作戦」の特徴的なBGMが流れるシーンも!
ちなみに、本作のタイトル「シン・ゴジラ」の「シン」は、「新」「真」「神」など、様々な意味を重ねているそう。
もしかすると「シン・エヴァ」も同様の理由でこのタイトルになったのかもしれません。

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

エヴァと同じ世界線と囁かれる傑作アニメ「ふしぎの海のナディア」


画像名
<Amazonプライム・ビデオより>


舞台は19世紀末。発明好きの少年・ジャンは、謎の少女・ナディアに出会う。 彼女に一目ぼれしたジャンは、ひょんなことから2人で冒険へ旅立つことに。

Qでヴィレが所有する空中戦艦「AAAヴンダー」は、本作に登場する船・N-ノーチラス号のパロディーだと言われています。
実際にヴンダーの発艦シーンでは、「ふしぎの海のナディア」で使われたBGMがかかる粋な演出も!
ファンの間ではまことしやかに「エヴァはナディアの続編説」が囁かれていますが、ストーリーを追っていくと「アダム」に酷似した巨人や「セカンドインパクト」と思わしき展開など、設定上の繋がりを多々発見できるはず。

▼映画の詳細はコチラ!
映画の詳細を見る

「シン・エヴァ」を鑑賞する前に庵野作品を復習することで、劇中に散りばめられた小ネタにニヤリとできるかも!? 今一度シリーズを追って、ストーリーの要所を確認してみてはいかがでしょうか。

画像提供:映画.comより

TOPICS

ランキング

ジャンル