top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

袴田吉彦「ダウンタウンさんには感謝しかない」不倫自粛と『笑ってはいけない』出演秘話

SmartFLASH

 

 冷たい雨がしとしと降る午後6時、袴田吉彦は傘も差さずに東京・東陽町の商店街を走ってやってきた。取材場所は、カフェバーのような雰囲気のおしゃれな中華料理店「中華&BAR TENSUI」。

 

「この店はフットサル仲間が経営しているんです。彼の実家が40年続いた中華料理屋さんで、その味を引き継いでいます。餃子が絶品なんですけど、僕は五目ウマニ丼の “頭”、ご飯がない上だけをおつまみに、お酒を飲むのが好きです」

 

広告の後にも続きます

 

 プライベートで、俳優仲間や仕事関係者と飲みに行くことは、めったにないという。「仕事を離れたオフでは、フットサル仲間などの友人が軸になっています」と笑いながら上着を脱いだ。下はTシャツ一枚。47歳には見えない引き締まった体である。

 

「いやいや、最近は、おなか周りに肉がつくようになりました。2020年の春に新型コロナで緊急事態宣言が出されましたけど、そのときはドラマの撮影などが全部ストップ。僕もずっと自宅待機をしました。やることがないので、お酒を飲みながらネット配信の映画を一日に3本くらい観ていました。

 

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル