top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

22/7[配信ライブレポート]溢れる想いとともに解き放ったキャラクターとして声優としての希望の輝き

Pop'n'Roll

22/7が、本日1月11日(月・祝)にTACHIKAWA STAGE GARDENにて無観客でのライブ配信を行なった。ピクチャードラマを交えながら、バラエティコーナーやライブコーナーなどを実施し、メンバーは約2時間にわたり“キャラクター”と“声優”の二人三脚で活動する22/7の本領を発揮するステージを展開。本記事では、昼公演のオフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

新型コロナウイルス感染症が拡大している状況および政府による首都圏1都3県を対象とする緊急事態宣言を踏まえ、同会場で開催予定だった<TVアニメ「22/7」スペシャルイベント Mission Paradise>を中止し、同会場より無観客でのライブ配信を行なった22/7。

同配信ライブの冒頭では、TVアニメ『22/7』のオープニング主題歌「ムズイ」の歌唱に続き、スクリーンに“歌番組の収録、楽しかった!”とキャラクターたちのピクチャードラマが映し出される。

8人が一丸となって“壁”を打ち壊してライブを成功させた後、新たに迎えた3人のメンバーもすっかりグループに馴染み、よりにぎやかになった日常を送っているようだ。

今回のイベントは、そんな11人となった22/7の“その後のとある1日”を追う内容となっており、さまざまな番組収録を行なうようにリアルメンバーたちがクイズに回答したり、アイドル力を競うゲームをくり広げていく。

アニメ本編のセリフをアテレコするアドリブ対決では、名シーンが予想外の形に生まれ変わり、進行役の天津向も圧倒されるバラエティ力を見せつけた。

<TVアニメ「22/7」スペシャルイベント Mission Paradise ライブ配信>TACHIKAWA STAGE GARDEN(2021年1月11日)©22/7 PROJECT

ついに迎える“11人による初のワンマンライブ”。本番を前に、1人ひとりが、それぞれの言葉で感謝の気持ちを伝え合う。

具だくさんなお好み焼きを模したユニークな円陣に続き、ステージではライブパートがスタート。1曲目は「Rain of lies」。TVアニメ4話で描かれた雨の中で撮影した8人の想い出を、11人の宝物とする選曲であった。

そこから、前回の配信ライブ<11>ではTVサイズで披露された個々のキャラソンを、フルサイズで初歌唱。誰よりもキャラクターたちを愛し理解する彼女たちだからこそできるパフォーマンスによって、その半身が1人また1人とステージ上に現れていく。

メンバーたちがソロコーナーを担当し、それぞれに一歩踏み出すこととなった定期公演の衣装で行なわれたことも感慨深い。

一時活動休止中の武田愛奈を除く10人の出演ではあったものの“ここにいる全員で”と、デビュー曲「僕は存在していなかった」を歌ったことも、当時の衣装には収まらないほど鮮やかに開花した彼女たちの“今”を感じさせるものとなった。

広告の後にも続きます

<TVアニメ「22/7」スペシャルイベント Mission Paradise ライブ配信>TACHIKAWA STAGE GARDEN(2021年1月11日)©22/7 PROJECT

そして、2月に発売する新曲「僕が持ってるものなら」をライブ初披露。自分のすべてを与えても救いたいと願う相手に対し、なす術もない悔しさ。表題曲では初となるバラードで、生きることの葛藤を歌い続けてきた22/7というグループの純度をより高めるかの意欲作である。“それでも、希望を信じてもがき続けなければいけないということを思わせてくれる曲です”。そう説明したのは、このシングルを最後に卒業するリーダーの帆風。

本編ラストには、TVアニメを彷彿とさせる雪の舞い散る中でエンディング主題歌「空のエメラルド」を歌い、彼女たちの目前に確かに広がる希望の輝きを伝えたのだった。

TOPICS

ジャンル