top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

2021年の政界を極言予測!菅総理“人気挽回”のグルメ秘策と衆院選の目玉候補

アサ芸Biz

 昨年9月に就任してから支持率が暴落中の菅義偉総理(72)が、人気挽回のために「秘策」を準備しているという。一方、衆院選の目玉候補には、肉体改造に成功した歌手の名前が挙がるのだった。

 菅総理がこの世の春を謳歌できたのは、政権発足時にNHKの世論調査で支持率62%を叩き出した時だったようだ。「ガースー発言」「GoTo」「会食問題」で自滅したことで、約3カ月後には42%まで支持率は急落。早くも追い込まれてきた中、正念場を迎えるのは9月の自民党総裁選だ。これまでは対抗馬不在で続投が既定路線とみられていたが、足元が揺らいでいて波乱も想定される。

「もともと派閥に所属していない議員でありながら、昨年の党総裁選では細田派、麻生派、二階派、竹下派、石原派の支持を得て勝利しています。しかし、全国旅行業協会の会長も務める二階俊博幹事長(81)肝いりのGoToトラベルを急転直下、年末になって一時停止を断行。するとすぐさま、二階氏の側近である林幹雄幹事長代理(73)が『親分』の言葉を代弁し、『勝手なことしやがって』と記者に伝えたそうです」(政治部デスク)

 菅総理に怒っているのは、二階派だけではない。閣僚人事の直後から冷遇された細田派と麻生派で不満がくすぶっていた。加えて、安倍晋三前総理(66)が「桜を見る会」を巡る疑惑で東京地検特捜部の追及が強まると、安倍氏と盟友の麻生太郎副総理兼財務相(80)はおかんむり状態に。

「官房長官時代から安倍氏にかわいがられてきたのに、菅総理は『桜』問題と距離を置き、その様子に麻生氏は『(安倍氏を)引退に追い込むつもりか』と怒り心頭なんです。ただ、こればかりは特捜部の捜査に介入するわけにはいかず、理不尽な怒りではあるのですが‥‥」(永田町関係者)

広告の後にも続きます

 2人の重鎮の後ろ盾を失えば、「9月の党総裁選ではしごを外される可能性もある」と政治部記者は言う。

TOPICS

ジャンル