top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

Singing Cosplayer Hikari、綾波レイコスプレ「残酷な天使のテーゼ」歌唱動画に世界のエヴァファンが熱視線

Pop'n'Roll

【画像はこちら】

2021年元日に、YouTube、Instagram、Facebook、TikTok、TwitterでデビューしたSinging Cosplayer Hikariが、世界中のエヴァンゲリオンファンを中心に話題になっている。

Singing Cosplayer Hikariは、世界的に人気なアニメ、ゲーム、ボーカロイドなどのキャラクターのコスプレをして、その作品関連曲の歌唱カバー動画とコスプレ写真をSNSにアップしていくプロジェクト。1シーズンは約6週間となっている。

1stシーズンのテーマは、アニメ『エヴァンゲリオン』で、コスプレのキャラクターは綾波レイ。

1曲目は、2021年元旦に公開された「残酷な天使のテーゼ」の英詞版「A Cruel Angel’s thesis」の歌唱カバー動画。インドネシア、タイ、台湾、香港、フィリピンを中心にFacebookやInstagramにて約17万回再生、YouTube限定のフルバージョンは1月9日に16万回再生を突破。SNS動画合計で33万回再生されている。

想定よりも早い30万回再生突破と、各SNSに世界中のエヴァンゲリオンファンから寄せられた要望に応えて、日本語版「残酷な天使のテーゼ」歌唱カバー動画も公開。

広告の後にも続きます

Instagram、Facebook、TikTokでは、「残酷な天使のテーゼ」日本語版のカバー音源の無料配信がスタート。今後エヴァンゲリオン関連曲をあと3曲公開する予定だが、世界中の歌い手、踊り手、ギタリスト/ピアニストといった演奏家などとのコラボレーションも希望しているという。

また、おもにInstagramにて、日本の食文化や祭などの記念日をテーマとした綾波レイのコスプレ写真を毎日公開中。最近では、1月6日のメロン日、1月7日の学校の始業式、1月8日イヤホンの日の写真がアップされた。

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル