top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

岡田光世「トランプのアメリカ」で暮らす人たち血の付いた包帯に催涙弾、議事堂は戦場だった

J-CASTニュース

占拠・乱入事件の起きた米議会議事堂前にいて、忘れられないのが、人々が高らかに米国歌を歌うのを聴きながら、涙をこらえていた女性の姿だった。

「なぜ、泣いているの?」と声をかける私に女性は声を振り絞り、「怒りとか、いろいろな思いが込み上げてきたの。どうして、こんな事態にならなければならなかったの? 議事堂の中では、ここでは想像できないことが起きている」と言うと、泣き崩れた。

大統領の呼びかけの前に議事堂に向かった支持者

2021年1月6日、米大統領選の「不正」に抗議するトランプ支持者の大規模集会と議事堂への行進が、首都ワシントンで行われた。5日からワシントン入りし、彼らとともに行動した。

1月9日公開の記事「穏やかな行進の後、あの議事堂占拠事件は起きた」、そして1月10日公開の「『この国のために戦う』と議事堂に向かった支持者」に引き続き今回は、日本ではあまり報道されていないと思われる議事堂の内部ではなく、敷地内での様子を中心に伝える。

大規模集会は、ワシントン記念塔近くの広場に設置された会場で行われた。トランプ大統領は演説の最後で何度か、議事堂までの行進について触れたが、多くの人々は彼が言い出す前に、すでに歩いて20分ほどの距離にある議事堂に向かって歩き始めていた。

広告の後にも続きます

その1人クリス(69)は、失業中だというのに自腹で、列車とバスを乗り継ぎ、2日間かけてカリフォルニア州から米大陸を横断してきた。

「トランプが集会で、僕たちを行進に駆り立てたんじゃない。前から予定されていたことだ。風が強く、寒くて震えていたし、僕はトランプの話を聞きに来たんじゃない。州ごとの選挙人団の投票の結果をまさに認定しようとしている議事堂まで行進することによって、僕たちの票を盗んだことを訴えたかったんだ」

私が高い場所に登って写真を撮っていると、行進する人たちが何人も、見上げて笑顔で手を振ってきた。

「議事堂の中では、想像できないことが起きている」

TOPICS

ジャンル