top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

BabooBee[ライブレポート]元PASSPO☆・増井みお率いるバンドが太田彩華率いる太田家と対バン! 愛らしくも尖った歌声で観客を魅了

Pop'n'Roll

元PASSPO☆の増田みお率いるスーパーポップロックバンド・BabooBeeが、2020年12月19日(土)に渋谷RUIDOK2で開催された、声優・シンガーの太田彩華率いる太田家が送る2マンライブシリーズ<エア太田まつり対バンスペシャル>に出演した。本記事では、その模様をお届けする。

【画像はこちら】

取材・文:長澤智典

BabooBee

先行で登場したのはBabooBee。3人は舞台の上で顔を見合わせ、互いの意志を確認した上でライブをスタートした。

冒頭を飾った「うきうきラリドゥダ」は、一緒に口ずさみたくなるポップパンクナンバーだ。増井みおの、愛らしいが少しとんがった歌声や、エモーショナルでキャッチーなメロディと演奏が、気持ちをどんどん熱くさせる。

続く「Right Now」でも、BabooBeeは胸の奥へグイグイ入り込むエモポップなパンクソングを届け、気持ちを騒がせた。

「すっぴんタイム」は、ガーリーな魔法を満載した楽曲で、流れるような歌メロがキャッチーだ。サビでは、観客たちを巻き込み一緒に振りをしながら楽しむ場面も。つかみを持った歌でゴツゴツとした粗削りな演奏をコーティングしながら、3人はライブに触れた人たちをウキウキな気分に染めていく。

“あっちこっち手を叩け ぐるぐるぐるぐる振り回せ”と歌い踊るさまを描いた曲、「BUCHIAGE」の登場だ。今はライブで声を出せない環境だが、“だったら踊ってしまえばいいじゃん”と歌いかけてくる彼女たち。楽曲自体は、駆け続ける激しい演奏を魅力にしたエモでアッパーなもので、ライブ中には、謎の男(スタッフ)が現れ、演奏に合わせタオルを手に踊っていた。観客もそのさまを真似ながら、疾走する楽曲に身を預け、わちゃわちゃ騒ぎながら一緒に楽しんでいた。

BabooBee<エア太田まつり対バンスペシャル>渋谷RUIDOK2(2020年12月19日)

広告の後にも続きます

BabooBee<エア太田まつり対バンスペシャル>渋谷RUIDOK2(2020年12月19日)

勢いをさらに加速するように、BabooBeeは「オリジナル」を演奏。増井は感情的な歌声のギアをさらにシフトアップし、観客たちをどんどんエモーショナルな気持ちに染め上げていく。

そして、疾走するみらいのドラムビートに絡む、エモーショナルなみちこのギター。そこへ増井のベースが絡み出すや、楽曲は一気にワイルドな様相を呈していった。

BabooBeeは舞台上にドシッと身構え、「Cry Cry」を演奏。歌詞では、これ以上踏み込んじゃいけない恋愛に溺れる女心の境界線を描写する。そのギリギリ感がゴツい演奏とマッチしたことで、迫力を生み出していた。

新曲の「マリア」は、メンバー曰く“可愛カッコいい曲”であり、増井のキャッチーなベースリフから始まる3拍子ナンバー。女の子らしい甘えたそぶりを見せながらも毒の利いた……いや、毒を持ちながらも甘えたがる女の子の心模様を記した歌詞に、心が惹かれていく。

途中で転調し、疾走していく意外性を持った展開も嬉しい聴きどころだ。ゆったり身体を揺らしていたら、いきなり全力疾走を求められ慌てて走り出したような、不意打ちの楽しさを味わえるのも、この曲の魅力である。

続く「ひとりぼっち」は、コロナ禍の中、少しでも前を向けるようにと生まれた歌。こちらもベースのリフから幕を開ける、エモくてロックな楽曲だ。

TOPICS

ジャンル