top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

『鬼滅の刃』は第二位! ガチで泣けるジャンプ漫画ランキング 『銀魂』『SLAM DUNK』『ハイキュー!!』etc…

numan

gooランキングから「【2020年版】ガチで泣けるジャンプ漫画ランキング」が発表されました。 『銀魂』『ハイキュー!!』『SLAM DUNK』『鬼滅の刃』など、最新のヒット作がランクイン! 1位に輝いたのは?

gooランキングから「【2020年版】ガチで泣けるジャンプ漫画ランキング」が発表されました!

1968年に創刊し(週刊となったのは1969年)、「友情・努力・勝利」をテーマに数々の人気作を世に送り出し、1995年には653万部という漫画雑誌の最高発行部数を記録した『週刊少年ジャンプ』。
創刊から50年以上が過ぎた現在も、日本の漫画界をけん引するトップランナーとして君臨しています。
そこで今回は、『週刊少年ジャンプ』に連載された歴代漫画の中でガチで泣けると思う作品についてアンケート、ランキング化がおこなわれました。

このランキング結果をもとに、numan読者や関係者に調査を実施。
みんなの熱いコメントと共に、ランキングをお届けします♪
『鬼滅の刃』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

『鬼滅の刃』|舞台は、大正日本。炭を売る心優しき少年・炭治郎の日常は、家族を鬼に皆殺しにされたことで一変した。唯一生き残ったが凶暴な鬼に変異した妹・禰豆子を元に戻す為、また家族を殺した鬼を討つ為、2人は旅立つ。鬼才が贈る、血風剣戟冒険譚!

10位~7位

10位は『約束のネバーランド』。
2016年から2020年にかけて連載されたダークファンタジー漫画。
孤児院育ちの子どもたち・エマ、ノーマン、レイたちが、ある時自分たちが食用の家畜として育てられていたことに気づき逃亡。自分たちの未来を切り拓いていく物語です。
テレビアニメや実写映画など、多数メディアミックス展開されています。
numan読者からは「ダークで怖いシーンもあるが、友情や親子愛が泣ける」「レイとイザベラママのシーンは号泣しました」といったコメントも届きました。
『約束のネバーランド』公式サイト|集英社 – 週刊少年ジャンプ

週刊少年ジャンプ連載『約束のネバーランド』公式サイト。コミックス発売情報に加え、本作に登場する”毎日の勉強(テスト)”を再現した<IQ脳力試験>も実施中。さらに、本サイト限定の書き下ろし漫画「約束のネバーランド 番外編」も公開中。

9位は『ウイングマン』。8位は『はだしのゲン』。

7位は『ハイキュー!!』。
2012年から2020年にかけて連載されたバレーボール漫画。
日向・影山のダブル主人公が、烏野高校でチームメイトとなり、個性豊かな仲間たちと共に全国大会を目指していく物語です。
スポーツものならではの、汗と涙の展開は、幅広い層のファンを獲得してきました。
テレビアニメは2020年時点で4期まで放送されたほか、舞台化もされています。
numan読者からは「キャラが必死にバレーやってる姿に、気づいたら無条件に泣いてます」「試合に負けた時の悔しさが伝わってくる」などのコメントが寄せられました。
『ハイキュー!!』|集英社『週刊少年ジャンプ』公式サイト

『ハイキュー!!』|中学最初で最後のバレーボール公式戦に臨む日向翔陽。だが、「コート上の王様」天才・影山に惨敗。リベンジを誓い烏野高校バレー部の門を叩く日向だが!?

6位~4位

6位は『NARUTO-ナルト-』。
1999年から2014年まで連載された忍者もののバトル漫画です。
2015年からは後日譚となる『BORUTO』が連載されています。
落ちこぼれ忍者・うずまきナルトが、里一番の忍「火影」を目指して、仲間と共に数々の試練を乗り越え成長していく物語。
テレビアニメ、劇場アニメ、ゲームに舞台など多様なメディアミックスが展開され、大人から子どもまで、多くの世代に愛されている作品です。
親子愛や友情、恋愛や努力など、熱い感情に手に汗握る人も多数。
numan読者からも「何度も読み返しても飽きません。ナルトの人生を追う漫画」「ナルトの両親のターンでずっと泣いてた」などの声が届きました。

5位は『銀魂』。
2004年から2019年まで連載された、作者の空知先生いわく「SF人情なんちゃって時代劇コメディー」。
架空の江戸時代末期を舞台に、万屋の店主・坂田銀時をはじめとした個性的なキャラたちが暴れまわる物語です。
抱腹絶倒のギャグもあれば、思わず涙する感動のシーンも多数。
超豪華キャストによる実写映画も2作公開され、アニメ・漫画ファン以外からも注目を集めました。
numan読者からは「爆笑と号泣を交互にくり返し、体力を激しく消耗する作品。それでも読むのをやめられない」「銀さんの義理人情に泣かされます」など、熱い声が届きました。

TOPICS

ランキング

ジャンル