top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

同性の生理「完全に理解できることはないと思う」 性教育YouTuberシオリーヌ×内田さやか産業医が語る

J-CASTニュース

近年、メディアなどを通じてオープンに語られるようになった「女性の生理」。かつては「なんとなく触れにくい話題」という印象だったが、徐々に情報を目にする機会が増えている。

しかし、女性向けメディアアプリ「LOCARI(ロカリ)」を運営するWondershake(ワンダーシェイク、東京都目黒区)が、ウェブ上で行った「生理に対するアンケート」(期間:2020年10月8日~10月12日、対象:全国の男女964人)では、「女性同士なら生理のことを理解しあえると思うか」という質問に対し、回答者の約8割(83.5%)が「理解しあえるとは限らない」と回答。当事者からの情報発信が増えているからこその結果なのかもしれないが、この問題の複雑さを物語る数字となった。

J-CASTニュースは2020年12月、助産師でありながら性教育YouTuberとしても活動する「シオリーヌ」こと大貫詩織さんと、心療内科クリニック院長と産業医を務める内田さやかさんを交え、Zoomを使ったウェブ対談を実施。なぜ女性同士でも「理解できない」と感じるのか、その背景にある職場環境の問題について話を聞いた。
(聞き手・構成:J-CASTニュース編集部 笹木萌)

「女性同士でも理解しあえない」は「良い結果」

先述の調査で、回答者の8割が「女性同士でも生理を理解しあえると思わない」と回答したことをどう捉えるか。シオリーヌさんと内田さんはこの結果に対し「妥当だと思う」と口をそろえる。

――8割の回答者が「女性で同士でも理解しあえるとは限らない」と回答しましたが、この結果をどう思いますか

シオリーヌ:生理に限らず、自分以外の人のことを完全に理解するのは難しいと思います。生理がどのような困難をもたらし、どれほど辛いものかというのは、身体的な個人差、仕事の過酷さ、職場の理解度など、様々な要素が絡み合ってくるものだと思います。「女性」という共通項があったとしても、完全に理解できることはないだろうなと思います。
内田:基本的には自分の経験をもとに考えるので、重たい人はみんな辛いのかなと思うし、軽い人はそれが普通と考えます。また、ちょっとデリケートな問題なのであまり話さない、ネタにしないということもあって、より一層知らないという状態になるのかもしれません。多くの人に「理解しあえない」という認識があることは、良い結果だと思っています。

WEB対談の様子

広告の後にも続きます

――お2人は、生理は重い方ですか?

シオリーヌ:学生時代は重い方でしたが、その時は自分が重い方だと気づいていませんでした。例えば、生理用ナプキンをちゃんと使っても、朝起きたらシーツまで染みて真っ赤になっている……という経験は、誰もがしていると思っていました。

――重いと気づいたタイミングは?

シオリーヌ:社会人になってからです。避妊目的でピルを服用し始めた時に、症状が楽になりました。生理軽い人はこういう日々を送っていたのかと、めちゃくちゃビックリしましたね。
内田:その感覚、わかります。ピルを使う前は、高校・大学の時はイライラや落ち込みが出ることはありませんでしたが、社会人になり、仕事が忙しくなったくらいで、生理痛やPMS(月経前症候群)が出るようになりました。当時は痛み止めも1日1回じゃ足りなくて2回飲むとか。歳を重ねてから治療をして初めて、あの時は軽かった、重かったというのを自覚しました。

TOPICS

ジャンル