top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

コンビニ推進アイドル(仮)[ライブレポート]春沢リリな生誕祭開催!「新しい自分を見せれた」

Pop'n'Roll

コンビニ推進アイドル(仮)が1月9日(土)、原宿RENONを舞台に、春沢リリなの生誕祭を昼夜2公演行なった。グループ初の生誕祭という記念の公演だったが、緊急事態宣言により昼公演の人数制限は強化され、夜公演は無観客ライブ配信となった。到着したレポートをお届けする。

【画像はこちら】

TEXT:長澤智典

2020年12月19日にデビューワンマン公演を1日2回行ない、ライブ活動を始めた彼女たち。今回のライブは、それぞれの公演ごとに特色が出るようにとオリジナルナンバー6曲の順番を入れ換えて開催した。

加えて、昼公演では主役の春沢リリなのソロコーナーを用意。彼女は得意のダンスを披露してくれた。夜公演では「箱の中身はなんだろなクイズ」が実施され、メンバーたちが無邪気にはしゃぐ姿を楽しむことができた。

昼公演・夜公演とも、ライブの冒頭を飾ったのが「僕のヒーロー」。24時間いつでもメンバーたちのことを想っていてくれるファンたちへの感謝の気持ちと、24時間営業し続け、人生を支えてくれるコンビニエンスストアの存在を掛け合わせた楽曲だ。メンバーたちは、「一緒にこれから未来を作ろう」と笑顔で歌いかける。「いつでもキラキラ輝いている」の歌詞のように、2公演とも、まずは自分たちが輝くんだという強い意志を見せていた。

昼公演では春沢リリなの誕生日を祝うコーナーを実施。主役が着替えに楽屋へ戻っている間、他のメンバーが春沢リリなの印象を語りだす。そこからは、「春沢リリなは今、奇人と呼ばれている」ことや「K-POP好き」などの言葉が飛び交っていた。着替えを終えた姿に、他のメンバーからは「めっちゃセクシー」という声も。

ソロコーナーで春沢リリなは、“みんなわたしの虜になっちゃえ!!”の言葉に続き、情熱的な楽曲を集めたメドレーに合わせ、セクシーなダンスパフォーマンスを見せていた。普段の可愛い姿からは想像もつかない、とても挑発的な踊りだ。妖しくせまるセクシーなダンスを見せながら、春沢リリなは観ている人たちの視線を釘付けにしていった。最後は、他のメンバーも加わり、全員でセクシーな踊りも見せていた。パフォーマンスを終えた春沢リリなは“新しい自分を見せれた気がして良かった”と語る。

夜公演で行なったのは「箱の中身はなんだろなクイズ」。“みんなでやったら楽しそうかな”と、春沢リリなみずから企画した。チームに分かれ、選抜2人がそれぞれ箱の中に手を入れ、中の商品を当てないと負けになるというゲームで、里実みあ/春沢リリな/城内彩花/葉山なつみ、中村冬香/斉藤友香/百海咲希/絃ユリナの2チームに分けて行なわれた。

トップを飾った中村冬香は、箱の中にあるお菓子をおっかなびっくりで触りだすが、お菓子を手で割ったとたんに「ル・マンド」と正解。春沢リリなも、おっかなびっくりな様子で野菜を触りだし、手に感触を覚えるたびに何度も悲鳴を上げていた。答えたのが「長ねぎ」。見事正解するが、それは手を嗅いだ匂いから判明したこと。

広告の後にも続きます

<祝春沢リリなバースデーワンマンライブ>2021年1月9日(土) 原宿RENON

次に挑戦したのが、里実みあ。触った瞬間「気持ちいい」と言えば、「スライム?」と口にしたところ、それが正解だったというオチも。最後に挑んだのが、斉藤友香。用意したのがゴキブリのオモチャ。答えを知っているメンバーたちが一斉に引き出した。斉藤友香はずっとビビリまくり。答えは「カエル」て不正解。

負けたチームは、異なる4種類の謎の液体を飲むことに。とくに中村冬香が飲んだデスパウダーが強烈で、一人もがき苦しんでいた。

昼公演・夜公演ともに、コーナー終わりで、春沢リリなの誕生日を祝うように温かい声で、「生まれてきてくれて本当にありがとう」と「birthday」を歌いあげた。夢をつかむため、これからも一緒に歩み続けようという想いを歌ったこの楽曲は、今後もコンビニ推進アイドル(仮)のメンバーの生誕祭で歌われ続けてゆく楽曲になるに違いない。終盤には、春沢リリなが「長い旅路 傷ついても不器用でも いつかはたどり着けるよ みんながそばにいれば」と、今の気持ちを記した歌詞を歌唱した。

TOPICS

ジャンル