top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ナムスカル」編―マッシブな造型でラフな塗装にも耐えられる

Game*Spark

『フロントミッション』プラモデルレビュー!「ナムスカル」編―マッシブな造型でラフな塗装にも耐えられる

今回のゲーム系プラモデルレビューは、2020年11月にスクウェア・エニックスから発売されたプラスチックモデル組立キットシリーズ「ストラクチャーアーツ」第1弾から「ナムスカル」をピックアップします。第1弾はドラマティックシミュレーションRPG『フロントミッション』シリーズから、「ゼニス」「ギザ」「ドレーグ」「ナムスカル」のヴァンツァー4体が立体化。スクエニ初のプラモデル展開ということもありディテールや組み立ての容易さ、そして塗装を含めてその内部に迫ります。しかしながら筆者は『フロントミッション』シリーズへ馴染みが薄いため、武器の組み合わせや細かな部分塗装が抜けていることをご了承下さい。なお、これまで4編に渡ってプラモデルレビューをしているので、他の記事も合わせてお読みください。・「ゼニス」編・「ギザ」編・「ドレーグ」編・「ナムスカル」編(本ページ)・全体の比較ページ(写真中心)第1弾のなかで一番合い問題が少ない「ナムスカル」「ナムスカル」を構成するランナーは関節を含め8枚で、他のキットと同様にパッケージ裏に作例写真が掲載されており、ランナーはビニールで梱包されています。組み立て説明書はモノクロ。ランナーには離型剤が残っているため、中性洗剤で洗浄後に組み立てを始めます。武器パーツには、ナックルとロッドがそれぞれ2個づつ。マシンガンと肩武装グレネードランチャーと肩武装ガトリングガンがそれぞれ付属しています。組み立ての構造はシンプルなはめ込み構造で、関節やハードポイントは「FRONT MISSION Joint」として共通化。組み立ては左右腕&rarr;左右脚&rarr;本体&rarr;腰&rarr;背負い物&rarr;武器の順です。合わせ目が極力出ないようにパーツには段差モールドを施しており、そのまま組み立てても違和感無いように仕上がっています。「ナムスカル」もスナップフィットなため接着剤は極力必要ありませんが、他のキットでみられた合いの問題がほとんどなく、大腿部の軸受けパーツも固定方法が異なりそのまま組み立てられます(合い問題が見られたのは、他のと共通の二の腕部のみ)。他に違うところと言えば、一部脚部パーツははめ込み式で構成されているところ。塗装時に塗料が届きにくい形でもあるので注意が必要です。腕と脚、そして胴体を一通り組み立て、バックパックと頭部の全てを組み合わせたら完成です。全身を見てみます。基本的には他のキットと同じ構成ですが、脚部の安定感がとても高く、隙間もほとんど見えません。胴体と脚部が水平に角張っていて「ドレーグ」とは違う角張った印象を与えます。付属武器も2本のロッドなど、「ナムスカル」のマッシブさを生かせるような構成であることや、パーツの合い問題があまりみられなかったも好印象です。次ページでは「ギザ」に続いて、「ナムスカル」の筆塗りに挑戦してみました。<cms-pagelink data-text="次のページ:「ギザ」に続いて筆塗りで「ナムスカル」に挑む" data-page="2" data-class="center"></cms-pagelink>

「ナムスカル」を塗装―色をカーキグリーンとして解釈今回は、「ギザ」に続いて「ナムスカル」も筆塗りで塗装してみました。全てをエアブラシで塗装しても良かったのですが、もう少し筆塗りとの相性を確かめてみたかったのもあります。筆塗りでは、前述の脚部はめ込みパーツと関節部を分解し、裏面をアクリジョンベースグレーで下地を整えてから本塗装に入ります。筆はタミヤモデリングブラシ平筆No.1を使用しました。下地を整えた後は本塗装です。公式サイトの作例から「ナムスカル」はN80カーキグリーンと解釈して塗装。塗料を筆で塗り付けるのでなく、筆ムラが出ないように筆に塗料の液体を浸し、パーツに液体を乗せるように塗りました。カーキグリーンを塗った後は、N18黒鉄色で黒部分を塗装。作例を参考にすべて塗り終えたら、細かな部分塗装としてセンサー部をBN01ベースホワイトを下地にN26デイトナグリーンで塗り、最後に全体を墨入れすれば完成です。「ナムスカル」と筆塗りの相性はそれなりに―エアブラシと缶スプレーが適当か塗装方法を少し変えたことにより、なんとかモールドを潰さずに筆塗の塗装ができました。全体を見てみると、カーキグリーンの色合いが暗く筆ムラが目立ちにくいことと、筆との相性でなんとか&hellip;&hellip;というところ。しかしながらモールドを微妙に埋めてしまうことは避けられず、墨入れをしても目立ちにくいのは筆塗りの難易度の高さを感じさせます。このことから「ナムスカル」と筆塗りの相性は半々といったところでしょうか。もし「ストラクチャーアーツ」第1弾を綺麗に塗ろうと思うなら、エアブラシか缶スプレーで挑むのが最適かもしれません(一方で缶スプレーも気温や湿度によって表面の仕上がりへの影響が大きいことから、微妙に難易度が高いことが難点です&hellip;&hellip;)。しかしながら、高難易度と言われる筆塗りも、彩色方法によっては「ストラクチャーアーツ」第1弾でも対応できることが見えてきました。模型界に彗星の如く現れたスクウェア・エニックスの「ストラクチャーアーツ」シリーズ。既に第1弾の再販も決まっていることから、『フロントミッション』シリーズに馴染みあるユーザーや、初めてのユーザーにもオススメできるキットです。今回の第1弾は『フロントミッション』ですが、『ゼノギアス』を題材とした第2弾も控えており、今後のシリーズ展開にも大きな期待が持てる仕上がりです。プラスティックモデル組立キットシリーズ ストラクチャーアーツの「FRONT MISSION」がご好評につき再販開始!お買い逃しの方は是非この機会にお求めください!https://t.co/agFdepzyN1公式サイトのギャラリーページも更新いたしましたのでこちらも是非ご覧ください。https://t.co/KSeuCmK48V pic.twitter.com/6whYNkw6Ov&mdash; SQUARE ENIX Official Goods (@SQEX_MD_GOODS) December 25, 2020 総評:★★★良い点・ナムスカルのマッシヴさが光る造形・丁寧な梱包・幅広いポーズがとれる広い可動範囲・一目で分かるシルエット・豊富な持ち手パーツ悪い点・組み立て説明書に機体と世界観、塗装図説明が無い・塗装ガイドがない・二の腕パーツの合いの悪さ

TOPICS

ランキング(ゲーム)

ジャンル