top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

漁港直送! 都心でイカ釣りもできて話題の『イカセンター』の鮮魚グルメ5選

食楽web

食楽web

 新宿のビルの中にありながら、漁港などでしか食べられない“透明な”イカの刺身が食べられるお店があるのをご存知ですか? 鮮度抜群どころかテーブルに運ばれてきてもまだ動いているという新鮮さ。看板メニューのイカをはじめ、魅力的な魚が揃っています。

 そこで、今年一年の始まりに食べるにふさわしい鮮度抜群のお魚とグルメを紹介します。

透明感抜群の看板メニュー「イカ」

この透明なイカ刺しを都内で食べられるとは!「活き烏賊のお造り」3200円

『イカセンター』に行ったら絶対頼んでおきたいのがイカメニューですが、中でもおすすめは「活き烏賊(イカ)のお造り」。しかも、「活き烏賊のお造り」を注文すると、店内にある“イカプール”でイカ釣りができるんです。

 この日の「活き烏賊のお造り」はスルメイカ。価格は時価で、この日は中サイズで3200円。コリコリしたこの食感はほかではなかなか食べられません。しょうが、わさび、塩、レモンと好きな味で食べられますが、イカの甘みや旨みがダイレクトに感じられるのは、やっぱり塩。足の部分は小皿に取って醤油をひと回し。足たちが躍り出します! 同伴者を驚かせるのもよし、動画を撮るもよし、盛り上がること間違いなし。

イカ刺しに合う日本酒と一緒に

 少し経つとイカの色が変化しますが、実はこの“変りかける”タイミングも美味しいポイント。食感がいいのは透明なときですが、白っぽくなってくると旨みが増すそう。

広告の後にも続きます

 そして、そのときにおすすめなのが肝醤油。濃厚な肝とイカの旨みの相乗効果でお酒も進みます。ちなみに、「活き烏賊のお造り」におすすめの日本酒「竹葉いか純米」(1000円/1合)を合わすのがおすすめ。

幻の深海魚「エンザラ」

 千葉県館山の港を中心に各地の漁港から新鮮な魚介が届けられる同店。漁港直送だからこその珍しい魚に出会えるのも魅力です。その一つが「エンザラ」。そんな魚、聞いたことがないという人も多いと思いますが、幻の深海魚といわれている魚です。

見た目からは想像できない上品な料理に変身

 脂ののった身は絶品。深海魚なのでなかなか獲ることができず、港町でしか食べられないレアな魚で、幻の魚といわれています。ただ、骨が多くて食べにくいことから、塩焼きや煮つけ、骨の周りの身を“ひっかいて”食べるぐらいしか食べ方がなかったそう。それを『イカセンター』では、独自に開発した骨切りの技法で刺身やにぎりなどにして提供しています。

「炙りエンザラの握り」4貫1200円〜。身は炙ることで程よく脂が落ちて絶品に

 鱧の骨切りのように「エンザラ」を骨切りして食べやすくした「炙りエンザラの握り」。長崎の農家で手作りしているという柚子胡椒でいただくのがおすすめ。風味もよく爽やかな辛さが、脂ののったエンザラと相性抜群です。

「炙りエンザラの刺身」1280円〜。脂がのっているので、わさびをたっぷりのせるのがおすすめ

「炙りエンザラの刺身」は、柚子胡椒でも美味しいのですが、わさびをたっぷりのせて食べるのもおすすめ。料理長の手作りぽん酢でさっぱりといただくのもアリです。脂が上品なのでどの調味料ともマッチします。

 お酒を飲むなら、純米大吟醸の「紀土」(3980円/四合瓶)。こちらでは料理に合わせて日本酒を提案してくれるので、日本酒好きなら予算の許す限り、ぜひ合わせて楽しみたいですね。

「エンザラの蒲焼」980円〜 ※釣果によって変動する場合あり。ふっくらした身の食感に驚く
  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(グルメ)

ジャンル