溝端淳平、マーベル好き芸人の霜降り明星、見取り図をバッサリ「エセのファン!」
溝端淳平、マーベル好き芸人の霜降り明星、見取り図をバッサリ「エセのファン!」
アイアンマン、スパイダーマンらが集結する、マーベル・スタジオ映画の人気シリーズ第3弾『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』の公開を記念し、道頓堀(大阪市)でイベントが行われ、日本語吹替版でファルコンの声を担当した俳優・溝端淳平が登場した。
以前から同シリーズのファンだったという溝端は、オファーがあったとき「飛び上がるくらい嬉しかった」と大喜び。今回演じたファルコンは、人工の翼で空を飛ぶ元兵士。アフレコについては、「自分でいつも以上に厳しくチェックをしました。劇場で観るときと同じ効果音、同じ音楽を流して、そのなかでより繊細に吹替をさせていただきました」と振り返る。

またこのイベントには、「マーベル大好き芸人」を名乗るお笑いコンビ、霜降り明星、見取り図の2組が応援隊として登壇。溝端は、「本当に大好きなのか疑っています。仕事だから来ただけなんじゃないかって」と半信半疑。

霜降り明星が「(キャプテン・アメリカの)盾は、ヴィヴラニウムで出来ています」と素材についての豆知識を披露するも、溝端は「台本に書いてある通りですね!」とツッコミ。さらに霜降り明星が「ドクター・ストレンジが(アベンジャーズのメンバー)に増えたのに、(キャッチコピーが)ガチ全滅とは、どんな結末になるのか!?」と興奮気味に語ると、すかさず「台本通りにやるのが大事ですね」と溝端が再び“口撃”。

マーベル映画に登場する好きなキャラクターについては、溝端は「キャプテン・アメリカです。揺るがない信念を持っている。時代が変わっても信じる正義があり、また不器用で地味目な能力だけど、経験と頭の良さと正義感で敵と戦うので大好きです」、見取り図は「スパイダーマンです。内気な子がヒーローになる。マーベルのヒーローのなかでめちゃめちゃ喋る。関西人として親近感がわきます」、霜降り明星は「アイアンマンの(専属秘書の)ペッパー・ポッツ。案なにクールな女性はいない」とそれぞれ挙げた。

マーベル映画について熱弁する霜降り明星、見取り図を前にした溝端は、「芸人さんをリスペクトしているので、こうやって喋りがうまい人がいてくれると安心します。エセ(偽物)のファンであっても嬉しい」と最後まで毒舌がとまらなかった。

映画『アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー』は2018年4月27日より全国公開。
(更新日:2018年5月7日)

Series シリーズ

Ranking/人気の記事(映画)

Pick up ピックアップ

人気キーワード

Category カテゴリー

HOME