top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

映画通イチオシの感動スポーツ映画5選

パラサポWEB

困難に立ち向かう選手の姿や、仲間との絆、手に汗握る試合のシーンなど、スポーツ映画は、人の心を揺さぶる要素がたっぷり詰まっています。そんな数多くあるスポーツ映画の中から、ひとひねりある感動のストーリーを、映画評論家/ライターの真魚八重子さんにセレクトしていただきました。コロナ禍で在宅時間が増えて、ストレスが溜まりがちな今、スポーツ映画で心をリフレッシュしてみませんか?

①『プリティ・リーグ』
世界初!女性だけの大リーグ誕生物語

制作年:1992
制作国:アメリカ
監督:ペニー・マーシャル
出演:トム・ハンクス/マドンナ/ジーナ・デイヴィス 他

【作品内容】
第二次大戦中に実際にあった女子プロ野球リーグ創設のドラマを、マドンナをはじめとする色とりどりのキャスティングで描く感動作。マドンナが歌う主題歌も話題に。

【真魚さんおすすめコメント】

メガホンを取ったのは女性監督のペニー・マーシャル。戦時中、男性が戦争に駆り出されプロ野球が運営危機に直面した際、つなぎとして結成された全米女子プロ野球リーグを描いています。ほとんど期待されていなかった女子リーグが、イキの良い試合や好プレー、女性ならではの宣伝方法などで、人気を得ていく様子が魅力的に活写されています。

②『アイ,トーニャ 史上最大のスキャンダル』
どん底から這い上がろうとする、その姿に感動!!

広告の後にも続きます

制作年:2017
制作国:アメリカ
監督:クレイグ・ギレスピー
出演:マーゴット・ロビー/アリソン・ジャネイ/セバスチャン・スタン

【作品内容】
アメリカ人として史上初めてトリプルアクセルを成功させたトーニャ・ハーディング。この偉業はトーニャの名前と共に不朽の業績として後世に語り継がれていくはずだったが、あるスキャンダルが彼女を転落させる。彼女がなぜそんなことをするに至ったのか…。実在するフィギュアスケート選手の半生を描く感動のドラマ。トーニャの鬼ママを快演したA・ジャネイは、本作で第90回アカデミー助演女優賞を受賞。

TOPICS

ランキング(スポーツ)

ジャンル