top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

ポータブルでも二次燃焼!小さくても本格派の薪ストーブ

&GP

本体サイズは高さ318.5×幅419mmで、奥行は382mm(排気ダクトを取り付けた状態で512mm)。燃焼室容量は高さ196〜138×幅395mmで奥行322mm、35cmの薪が平置きで3本置ける大容量、12インチピザも丸ごと入ります。

また、煙突を取り付けるための排気ダクトを天面ではなく背部に設置、広々とした天板は調理や保温に大活躍。本体重量は17kg、一般的な据え置き型薪ストーブが軽いものでも60kgはあることを考えると驚きの軽さです。

▲「ステイショナリースタンド」

薪ストーブ本体「BLISS-SP」(10万7800円)をベースに、使用シーンに合わせてスタンド部分をデッキ・テラス用「ステイショナリースタンド」(2万2000円)と、アウトドア用「ポータブルスタンド」(1万9800円)から選べるようになっています。

▲ポータブルスタンド設置状態

広告の後にも続きます

特にアウトドアで持ち運んで使うことを考えるのであれば、専用設計の煙突「オーバーレイチムニー」(1万8700円)の同時購入が断然オススメ。緻密なハゼ折りによる高い密閉度、コンパクトな入子式なので、燃焼室内に収納すれば持ち運びもラクラクです。発売は同社オンラインショップにて1月18日より。

>> FIREGRAPHIX

<文/&GP>

 

【関連記事】

◆寒い冬キャンプをヌクヌクにする薪ストーブの楽しみ方 
◆BBQやカマド料理もできる新型薪ストーブ「KAMADO」【アウトドア銘品図鑑】 
◆“テレビ”という名のこの薪ストーブ、冬キャンプにピッタリです! 

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル