top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

どっちなの?男性が見せる「社交辞令」と「脈アリ」の違い

愛カツ

社交辞令で言っているだけなのか、それとも好意を持ってくれている上での発言なのか。

男性の本心はちょっとわかりにくい部分でもあるので、違いを理解しておかないと、なかなか見抜けないかもしれません。

そこで今回は、男性が見せる「社交辞令」と「脈アリ」の違いを紹介します。

「具体的」には誘わない

「『タイミングが合ったら飲みにでも行こう』って言って逃げちゃうことはあるかもしれません。曖昧な感じでなんとなく流せるかなって気がして…」(33歳/男性/自営業)

「今度メシでも行こう」「近いうちに飲もう」「時間ができたら会おう」こういった具体的な日時や場所などを一切言わない誘い文句は、社交辞令である可能性が高いでしょう。

広告の後にも続きます

しかも、男性のほうから言い出したのではなく、会話の流れや雰囲気の中で出たセリフなら、なんとかうまくかわそうとしているのかもしれません。

「今度連絡する」と言う

「今度連絡するって言って、本当に連絡したことはあまりないです…。とりあえずその場の空気をなんとかするために、よく言いがちなセリフです」(28歳/男性/インストラクター)

「今度連絡しますね」というのは、社交辞令のセリフの王道と言えます。

誘った際に、「最近ちょっと忙しいので今度連絡します」などと男性から言われた場合は、一旦回避をしようとしているのかも。

また、「こちらから連絡します」というセリフも、「連絡はしてこないで」という防御の意味合いが含まれているケースが多いので、社交辞令度は高くなるでしょう。

「予定」を教えてくれる

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング

ジャンル