top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

「地震保険」対象になるものならないもの

防災ニッポン

地震保険とは

地震保険は、地震や噴火による火災や家屋の損壊、または津波による損壊、埋没流失による被害を補償する地震災害専用の保険です。

地震では、地震により津波が発生したり地震の発生により火山が噴火したりするため、地震の揺れといった直接的な被害だけでなく間接的なさまざまな被害をもたらします。

地震保険の目的とは

地震保険の目的は、「地震等による被災者の生活の安定に寄与すること」です。地震保険に関する法律の第一条(目的)より。

大規模な地震が発生すると、自宅や家財道具だけでなく、職場や学校、仕事など、私たちの生活に欠かすことができない大切なものまで失われてしまいます。

そのため、地震保険では、生活を立て直すためのあらゆるものに保険金が支払われるようになっています。

保険料に地域差がある理由

広告の後にも続きます

地震保険の保険料は、地域によって大きな差があります。なぜなら、地震保険の保険料は、「確率論的地震動予測地図」を使って算定しているからです。この地図には、地震の位置や規模、確率に基づいて、各地点がどの程度の確率で、どの程度揺れるのかを計算した結果が記載されています。地図上で地震が生じる確率が高く、その地震の規模が大きい地域ほど、保険料は高くなります。

政府 地震調査研究推進本部「確率論的地震動予測地図 2018年版」

https://www.jishin.go.jp/evaluation/seismic_hazard_map/shm_report/shm_report_2018/より

地震保険の対象と保険金額の範囲

地震保険で補償対象となるのは、所有している建物と家財です。

地震保険は単独で契約することができず、主契約として火災保険に加入していることが求められます。

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル