top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

GACKT「格付け」65連勝の裏で何が!?「控え室」の待機シーンが物議を醸したワケ

アサ芸Biz

 元旦恒例となったテレビ朝日系特番「芸能人格付けチェック2021お正月スペシャル」が放送された。個人連勝記録を伸ばし続けるGACKT(47)がパートナーに倖田來未(38)を自らスカウトして数々の“難題”に挑戦するなど、今年も多くの話題を集めたが、出演していたアイドルのある行動にネット上では非難の声があがっている。大御所芸能人に対して無礼だと指摘が相次いだシーンは、正解発表を待つ控え室で見られた。

 控え室には人数分の椅子が用意されており、問題のシーンでは前列にソファ席が5脚、後列にカウンターチェアが3脚用意されていた。答えを決めた出演者らが順々に入室して着席する際に、例年では、先に入室したタレントが大御所芸能人にソファ席を譲るなど、若手が年配を敬うやり取りが見られていた。

 しかし、今回、前川清(72)が入室しても席を譲られる様子はなく、正解発表までの間、後列の椅子で控えることに。前列のソファにアイドルが着席したままの様子が放送された。

 その様子を見た視聴者からは《前川清が入ってきても席どかないアイドルってどうなの?》《1番若手の子って席譲らないの?気になってしまった(笑)》《スタッフも気が利かないな〜大御所を後ろに座らせたらあかん》《アイドルが前川清を差し置いて前のソファに陣取ってるの違和感ありすぎ。放送事故かと思った》などと、席を譲らないことに対して厳しい意見が飛び交ったが…。

「問題となったシーンでは北村匠海さん、武井咲さん、香里奈さんといったメンバーも前列のソファ席に座っていたのに、アイドルだけが批判されるのはおかしいとの意見もあります。また、同グループのメンバー2人は後列にいたこともあって、3人が後列に並ぶと絵ヅラ的に違和感があるため、番組スタッフがあえて前列にとどまるよう指示を出した可能性も考えられますが、その後、同じようなシチュエーションで渡部篤郎さんが梅沢富美男さんに前席を譲るシーンがあっただけに、よけいに際立ってしまったのかもしれません」(テレビ関係者)

広告の後にも続きます

 同番組では個人の連勝を65に伸ばしたGACKTにばかり注目が集まったが、控え室での他の出演者の様子やリアクションも大きな見どころであるため、今後出演する若手タレントは大御所に一段と気を使う必要が出てきそうだ。

(浜野ふみ)

TOPICS

ランキング(エンタメ)

ジャンル