top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

Neat and clean-ニトクリ-[ライブレポート]強い決意を示した2周年記念公演「もっともっと上を目指せる気がします」

Pop'n'Roll

Neat and clean-ニトクリ-が、 2021年1月1日(金)に渋谷・duo MISIC EXCHANGEにて、<Neat and clean -ニトクリ- 2周年記念公演>を開催した。この日は、ゲストにsistersあにま、蓋然性オルトイズムを迎えての公演となっており、チケットは完売。本記事では、Neat and clean-ニトクリ-にとって幸先の良い始まりの日になった同公演のオフィシャルレポートをお届けする。

【画像はこちら】

取材・文:長澤智典

結成2周年公演とはいえ、在籍歴が1年7ヵ月と1番長い花宮るい以外は、ほぼ加入半年弱のメンバーばかり。今は、清楚なNeat and clean-ニトクリ-に似合う若手メンバーたちが中心となっている。

記念すべき2周年公演の幕開けを飾った「刹那の恋」は、切ない旋律を奏でて始まりながら、エッジ鋭いエレクトロな音が流れ出すと同時に力強く躍動していくダンスナンバー。彼女たちは、好きな人に会いたい想いを募らせるように歌い出すと、騒ぎたくなる楽曲に刺激を受けたファンたちが、手にしたペンライトを舞台上に捧げていた。

切なさを塗り重ねるように、Neat and clean-ニトクリ-が歌いだしたのは、甘えた素振りと切なさが同居したような、裏腹な感情も見える「アマガミ♪インフレーション」。力強い4つ打ちのビートの上で、彼女たちは華やぐ姿を見せていた。

ライブは止まることなく「BLACK&WHITE」へ。甘い刺激を与えるように彼女たちは可憐に、時折、凛々しさも見せながら歌いあげていく。

メンバーたちは、“(1周年の時は花宮るいが病欠していたことから)こうやって全員集合して2周年を開催できたことが嬉しいです。しかも、今日は新衣装です”と、3年目へ向けて新しい気持ちで踏みだせることを喜んでいた。

<Neat and clean -ニトクリ- 2周年記念公演>(渋谷・duo MISIC EXCHANGE/2021年1月1日)

広告の後にも続きます

次に披露したのは、花宮るいが作詞を担当した新曲の「カーディナル」。激しく躍動する楽曲とは裏腹に、片想いの切ない恋心を歌詞にしていくところが花宮るいらしさ。好きな人への想いが募るたびに、その気持ちが力強い楽曲と重なりあい、さらに愛しさと切なさを増して胸に響いてきた。

切なさを吹き飛ばし、晴れ渡る開放的な空間をこの会場に作りだそうと、彼女たちは爽やかな青春ポップチューン「Twinkle☆Day」をドロップ。汚れなき純粋な乙女心を真っ直ぐな想いで伝える楽曲こそ、Neat and clean-ニトクリ-に似合う最高の表情であった。

心を一気に騒がせるように、恋に恋する乙女のようになりきる「愛時雨」を披露。恋に真っ直ぐに向き合う姿が、とても眩しく見えた。

<Neat and clean -ニトクリ- 2周年記念公演>(渋谷・duo MISIC EXCHANGE/2021年1月1日)

  • 1
  • 2

TOPICS

ジャンル