top_line

【new】エンタメウィークをアプリで読もう

明石家さんまが、西加奈子原作のベストセラー小説を劇場公開アニメとして初プロデュース!『漁港の肉子ちゃん』公開!<超特報><ビジュアル>解禁!

cinefil

明石家さんまが、プロデュースする劇場アニメ『漁港の肉子ちゃん』の劇場公開が決定いたしました。

明石家さんまが、惚れ込んだ小説を元に、劇場公開アニメ映画を初プロデュース!
明石家さんまは、2018年に世界配信されたNETFLIXドラマ「Jimmy~アホみたいなホンマの話~」で、 ドラマの企画・プロデュースを務めているが、劇場公開されるアニメ映画をプロデュースするのは今回が初めて。原作は、第152回直木賞を受賞した西加奈子の累計発行部数35万部超のベストセラー小説「漁港の肉子ちゃん」。監督は、『ドラえもんのび太の恐竜 2006』(06)、『海獣の子供』(19)で監督を務めた渡辺歩が担当し、『かぐや姫の物語』(13)、『海獣の子供』(19)で作画監督を務めたスタジオジブリ一期生の小西賢一がキャラクターデザイン・総作画監督を務め、脚本は『凪のお暇』などの大島里美、アニメーション制作を圧倒的クオリティと世界観で世界中に多くのファンを持ち、『鉄コン筋クリート』(06)、『海獣の子供』(19)、『映画 えんとつ町のプペル』(20)のアニメーション制作をした STUDIO4°Cが手がける。

本作の劇場公開が決定し<ビジュアル>と<超特報>の映像が解禁!

漁港の船に住む二人きりの母娘、肉子ちゃんとキクコの軌跡と成長を描いた本作。
<ビジュアル>には、洗濯物が掛かる船の上にいるお団子をもった笑顔の母・肉子ちゃんと、読書に集中する娘・キクコが描かれている。

©2021「漁港の肉子ちゃん」製作委員会

広告の後にも続きます

企画・プロデュース:明石家さんま コメント

TOPICS

ランキング(映画)

ジャンル