top_line

【 最新ニュースをアプリでサクサク読むなら! 】

土の時代から風の時代へ! 星占いで見る2021年の空気

カナウ

世界的に変革の年となった2020年もそろそろ終盤。
来年は一体どんな一年になるのか、気になってくる時期ですよね。

仕事をもっと頑張りたい人も、恋愛をもっと盛り上げたい人も、2021年を楽しむなら「早め」に準備するのがおすすめ! 一年の流れをおさえて、エンジンをかけていきましょう。

2021年の先取りポイント

2020年が変革の年となったのは、占星術界隈では「当然」との見方と言う声が多くあります。そもそも、2020年というのは、約200年以上も続いた「土」の時代が終わりを迎えるタイミングだったのです。
2020年の年末以降、私たちは「風」の時代を生き始めることになります。
200年もの間土の時代でしたから、生きている人間で風の時代を知っている人はいないんです。まさに未知の世界!
そんな世界を生き抜くためには、時代の空気を先取りしておくことがポイント!
突風が吹くことを知っていて、突風を待ち受けるのと、知らずに食らうのではダメージがまったく変わりますよね!
今回は来年から吹く風を追い風にするための星占いをお伝えします。

2021年の全体的な星回りと空気感


星の配置はやや偏るような形になり、私たちにとっては、「社会から必要とされるものに応えていく」一年となりそうです。
土の時代から風の時代へと移りゆくグラデーションの時期で、まったく新しい価値観が発明されるにはまだ早く、どちらかといえば、これから建築していく世界の設計図を描くために、社会を見回して、自分ができること、やってきたことの土台や基礎を見直して固めるような感じ。
周りに目をむけつつも、フォーカスするのはあくまでも自分自身。
集中するのは自分だけども、周りの空気感や流れを意識することも大切になります。
これから先、自分を活かすことのできる社会を見つけるためには、突飛だとしても「自分らしさ」を活かしていくことが求められそう。
同時にあなたの突飛さこそ愛されるようになっていきます。

1月 社会的な成果から個性へ

広告の後にも続きます

風の時代に入ったものの、土の性質ががっつり強めで余韻を感じます。とはいえ、7日からいよいよ「新たに生まれ変わった自分」という価値観で歩き始めることになりそう。
月末からは風の時代を象徴する「水瓶座の空気」をどっぷりと味わう時間に入っていきます。個性豊かな自分のことを思う存分楽しめそうです。

満月情報:獅子座

あなたの中にある情熱や創造力が満ちてきます。
自分の世界に君臨する王様のように、注目され愛されていくような満月です。

2月 対等な関係性から融合へ

「自分主義」で「唯一無二の自分」をしっかりと味わって生きる体感を得ていく1ヶ月になりそう。
その代わり、「利己的」になったり、「他者なんてどうでもいい」と切り捨ててしまうことの内容に注意!
相手もまた自分と同じように「唯一無二の自分」を生きているのだということを頭に置いておくとさらに良い感じです。
自分を大切にすることって、相手を大切にすることに繋がっていて、相手を大切にすることは自分を大切にすることにも繋がっています。
月末頃から自分のやりたいことや思いがスムーズに進みやすくなるタイミングです。
何かをスタートさせたい人は、この時期に合わせてみるのも良さそう。

満月情報:乙女座満月

身の回りのあらゆるものが気持ちよく片付いていくような満月です。自分の持ち物や目に付く情報を活かすことができそう。

3月 まっさらな場所から新しい生命が芽吹く

一年の節目となる春分の日を迎えるのが3月です。
星占い的には、ここから一年がスタートするので、目標を明確にするという意味でもビジョンボードを作成するのがオススメ。
特に自分自身の「思いつき」に歯止めや現実の枠組みをかけずに、どこまでも再現なく自由に描いていきたいですね。
「ワガママかな……」「贅沢かも」なんて我慢は一切不要!
だって、自分自身の行動や選択は誰かの幸せにつながっていて、誰かの幸せはあなたの幸せにつながってくるのだから。

満月情報:天秤座満月

あなたのセンスが際立って、不思議と人と人がつながっていくような満月です。

4月 ピュアな世界にたくさんの輝きが溢れる

  • 1
  • 2

TOPICS

ランキング(くらし)

ジャンル